イ・ジュンギ来日ファンミーティング「SPLENDOR Family Day」@パシフィコ横浜

※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。

イ・ジュンギ来日公演「2015 Lee Joon Gi SPLENDOR Family Day」の模様

イベント概要
開催
2015年5月6日
会場
パシフィコ横浜 国立大ホール
出演
イ・ジュンギ MC:Yumi
mixiチェック

トークでライブでファンを大いに楽しませた、ファンとジュンギの“デート”

ドラマ『朝鮮ガンマン』、主演を務める中国映画『シチリアの陽射しの下』(原題)に続き、7月より韓国MBCで放送予定の新作『夜を歩く士』(原題)にも大きな期待が集まっている実力派俳優イ・ジュンギが5月6日、来日ファンミーティングを開催。映像上映やトーク、ゲームなどファンとの交流を楽しんだ1部、歌とダンスをメインとした華やかなステージの2部と、3時間を超える充実の内容で、約4000人のファンと楽しいひとときを過ごした。[青文字:日本語 緑文字:韓国語

会場を埋め尽くしたファンが待ち受ける中、ピアノの音が流れ始めるとステージ上段に白シャツにブラックのニットとパンツという装いのイ・ジュンギが登場した。ピンクのペンライトを手に総立ちで出迎えたファンに「こんにちは。イ・ジュンギです」と日本語で挨拶。『For a while』を歌いながらステージの階段を降りスモークが焚かれたステージで客席に手を振りながら歌唱し、会場はさらなる歓声に包まれた。歌い終え一旦退場したジュンギをMCの呼びかけでファンの「ジュンギ オッパー!!」で再び迎えることに。ジュンギは姿を見せずに何度か「せーの」と声をかけ、たっぷりとファンの声を聞いてから「お久しぶりです~」と登場すると、クルリとまわって優雅に挨拶。「皆さんの俳優、イ・ジュンギです」と笑顔を見せた。

画像

5ヶ月ぶりの来日となった今回、いつもは年末のツアーで来日するため暖かい時期に日本ファンと会うのは新鮮だと語り「相変わらず、みんなきれいですね。デートする気持ちで今日…いいですか?」との言葉で、ファンを喜ばせていた。韓国で“拗ねた気持ちを表現するポーズ”だという「フン!チッ!プン!」をフリ付きで披露し、お茶目な姿で笑いを誘った後トークコーナーへ。前日の早い時間に来日してショッピングや街の人たちの様子を見物したと告げ、「いつものようにドン・キホーテにも行きました」とドン・キホーテの歌を披露してファンを楽しませた。また、原宿や表参道も訪れ旅行気分を味わったそうだが、日本だけでなく韓国でもフェスティバルなど人がたくさんいるところに行くと明かした。

中国映画『シチリアの陽射しの下』(原題)に続き『夜を歩く士』(原題)への出演を決定、さらにバースデーファンミーティングの開催と、休みなく活動をしているジュンギ。中国映画が終わってすぐに次の作品を決定したことで、「皆さんが待つ時間を少し減らすことができたようで良かったと思います」とファン想いの一面を覗かせた。5月10日からスタートする最新作『夜を歩く士』の撮影に向けて準備していることを聞かれると、「時代劇なので乗馬も練習していますし、また体力も必要になるので運動もしています。今回もアクションがあるので、アクションの練習もしています。そして何より大切なのはバンパイアの役なので、セクシーなバンパイアを見せないと…」とバンパイアが首に牙を立てるジェスチャー。MCが「ジュンギさんに血を吸われたい人~!?」と問いかけ、ファンが一斉に歓声を上げると「全員ですか?僕の歯が折れちゃいそうですね(笑)」、MCの“握手会”ならぬ“吸血会”との提案に大喜びするファンを見て「みんな、ヘンタイみたい」と大きな笑顔を見せた。

「乗馬シーンが多い時代劇では馬を自由自在に扱う必要があり、生きた馬が相手のため常に緊張する」という、乗馬練習シーンを収めた映像をファンとともに鑑賞したジュンギ。椅子に座りながら乗馬の動きを再現し、「椅子に座ってやると、ちょっとエロくなっちゃうんですけど(笑)」。さらに「乗馬は全身運動のスポーツなので、ダイエットの助けにもなると思います。きれいな体を作るには乗馬は最高ですよ」と言って立ち上がり、腰を振って乗馬のポーズをして見せたものの「みんなが見ててホント、恥ずかしい」。照れ笑いを浮かべながら「きれいな体を作れますから乗馬はおすすめです」とアピールした。続いて、これまでに出演した3作品の名場面を観ながらトーク。

「思い出の作品」という『アラン使道伝(サトデン)』の1カットで撮影した約20通りの動きがあったというアクションシーンを観て、「僕はアクションが大好きです。撮っているときにも喜びを感じますし、生きていることを実感します。なので、アクションシーンはもっともっと完成度を高めたいと思っているんです。俳優がそのような気持ちで撮影に臨むので、良いシーンが撮れるのだと思います。何と言っても俳優ですから、演じるということが大事ですよね。皆さんが観たときに、本当にリアリティがあるアクションシーンを楽しんでいただけると思います」。子どもの頃から中国映画を観ていたそうで、ジャッキー・チェンやジェットリーなどに影響を受けたと語った。

画像

次は、「僕の歳で父性愛を描くのは本当に難しいと思いました。この作品を選ぶときにはかなり悩みました」と紹介した『TWO WEEKS』。トラックの荷台で土に埋もれ口にくわえたストローで息をするシーンでは、リアリティが大事だと想い実際に演じたものの後悔したことを明かし「土が重くて体が押され、息ができなくなってしまった」と当時を振り返った。また、銃で撃たれ川に落ち流されるシーンでは、急流にいたのはジュンギのみでカメラチームはかなり離れたところにおり、撮り終えたときには安堵したと語った「全然、緊張が感じられない(笑)」と感想を述べた『挑戦ガンマン』の初日の撮影風景が映し出された後は「間もなく始まる『夜を歩く士』の初日も期待しているところです」とコメント。ここで突然、ステージの両サイドに赴いたジュンギ。ファンと会話しながら、モニターが見づらい席のファンのためにストレッチタイムを設け、体をほぐしてから次のコーナーへ。

『シチリアの陽射しの下』で相手役の女優とのラブラブなシーンの写真が映し出されると、ファンの反応を見て「皆さん、こんな姿を見たかったんじゃないのですか?あれほど『ロマンス撮って』って仰っていたのに…。実際に撮ってみたら今イチみたいですね」と笑いを誘った。上海とイタリアで撮影された今作。以前、日本で映画を撮影した際はそれほど寂しくなかったが今回はなぜかすごく寂しかったというジュンギ。「そのせいか、日本との合作のときには寂しくなかったので宮崎あおいさんとお話をする時間もさほど多くは無かったのですが、今回は寂しかったので中国の俳優さんやスタッフのみなさんともっともっと話そうと思い、こちらから会話をトライしました」夜中までカカオトークをするなど、一日中おしゃべりをしていたと明かした。共演した女優、周冬雨(チョウ・ドンユィ)とのエピソードを聞かれると「最初はぎこちなかったのですが、段々と楽に接することができるようになった」と語り、また「今回の作品は、周冬雨さんが作品の中で初めてキスシーンを撮った作品です(笑)。なので、冬雨さんが『私の唇を初めて奪った男』と、僕のことをからかっていました。僕は『光栄です』と答えました(笑)。初々しいキスシーンも期待してください」と続けた。

ファンから寄せられた質問がビッシリと貼られたボード2台がステージに登場し、選ばれた質問を書いたファンが直接ジュンギに質問をできるというコーナー。1人目は「重い病(ジュンギ病)に苦しんでいます。良いお薬をお願いします」というお願い。「ジュンギさんが好きです」というファンに「私も好きです」と返し、ファンを喜ばせた。

②「日本で別荘を買うならどこの県に買いますか?」には、質問をしたファンが住んでいるところを聞き、そのファンが「神戸」と答えると「神戸はお肉が美味しいですよね。わー、そこだそこ(笑)。そこに行きたいです。お肉が大好きなので(笑)」。③「今までファンからもらった中で一番嬉しい言葉」は「一番嬉しかったのは『セクシーだ』という言葉ですね(笑)」、④「寝る時に音楽は聴きますか?」には「音楽を聴いて寝ますが、聴くのは僕の音楽です(笑)。本当にいいですよね。何かこう、温かい気持ちと言いますか、僕の理想型です(笑)。『For a while』をおすすめめします」と冗談交じりに答えファンの笑いを誘った。次いでMCから寝るときのファッションを聞かれると「何も身につけずに寝ます。(拍手するファンに)そんなに喜ぶほどのことではないと思いますけど(笑)」というジュンギの言葉に会場は再び笑いに包まれた。

画像

最後の質問「どんな風に告白されたら嬉しいですか?」に、間髪を入れず「キス」と答えた後「お互いに好きな気持ちはあるのですが、それがあまりにも辛いというときに本心を隠すつもりでちょっとお酒を飲んで、若干酔っているときに電話で話すというのがいいですね」と具体的な回答。「言葉は?」と聞かれると「最近、告白されたのはいつだっけ…?(しばし考え込み)『早く、私のことを好きだと言って』。その後、少し落ち着いてから、相手が『私のこと好き?』って聞くんですね。それで、僕は当然『好きだよ』。(相手が)『それじゃダメ』。じゃあ何?『私を愛しているって言って、今すぐ』そうすると僕はときめくと思います」ここでBGMが流れ、質問したファンがジュンギの回答に沿って告白。会場は大いに盛り上がった。

ここで、ステージにケーキが登場。ファンがバースデーソングを合唱し、「ジュンギオッパ~お誕生日おめでとう!!」と4月17日に誕生日を迎えたジュンギを祝福。今回のファンミーティングで誕生日を祝ってもらうとは思っていなかったというジュンギは「ありがとうございまーす!愛してるよー」「本当にありがとうございました」と、嬉しそうに語った。さらに、ろうそく(に見立てた電球)を吹き消した後、ファンのリクエストに応えケーキをカットする前に殺陣のアクションを披露し、ファンを楽しませた。また、願いごとは「皆さんと僕の未来について、僕たちの愛について」お願いをしたと明かした。セルカ棒を使い客席をバックに自撮り、そしてファンによるフォトタイムを挟み、ゲームコーナーへ。抽選で3人のファンをステージに招き、ジュンギが15秒で描いた絵のお題を当てるというゲーム。笑いや感嘆の声が上がる中、お題の“虎”“ドラえもん”“恐竜”“犬”“イ・ジュンギ”を一番多く当てたファンにツーショットチェキをプレゼント。優勝を逃してしまったファンにも残念賞を用意。「恥ずかしいので握手だけでいいです」というファンをジュンギが引き寄せてハグ、もう一人のファンにはバックハグをプレゼントし、客席から悲鳴が上がった。さらに抽選で3人のファンをステージに上げ、エコバッグにファンの名前とサインを書いてハグとともにプレゼント。ファンに対するジュンギの想いが伝わるひとときとなった。

続いて、ファンから寄せられたラブレターがステージに運ばれ、多数寄せられた中から印象に残った3通のラブレターをジュンギが読み上げることに。1通目は中学生からの手紙ということで、高い声に変えて可愛く読み上げた。2通目は『夜を歩く士』で演じるバンパイアに絡めた手紙、最後は初恋の相手と今のご主人に次いで人生で3回目というラブレター。ファンの想いに直接触れ、「僕は本当にたくさん愛されて、祝福された人生を送っているのだと改めて思います」と顔をほころばせたジュンギも返事を用意していた。「皆さん、私のことを知っていますよね(笑)。皆さんの俳優、イ・ジュンギです」と日本語でスタートしたものの「日本語で話したいのですが、真心をこめないといけませんし皆さんに笑われてしまいそうなので、ここからは韓国語で僕の気持ちを伝えます」と韓国語で手紙を読み上げる。軍隊にいるときにたくさんのファンから韓国語での手紙をもらい、そのファンの大きな愛と応援によって無事に軍生活を終えることができたという文章から始まり、ファンへの想いと感謝の気持ち、『夜を歩く士』の撮影前に日本でファンミーティングが開催できたことへの喜びを伝えたジュンギ。最後は「皆さんの顔を見ながら伝えたい」「皆さん、本当にありがとうございます。そして、本当に愛してます」と日本語で締めくくった。惜しみない拍手を送り続けるファンに笑顔で頭を下げたジュンギ。ファンに「ジュンギssi、ファイティン!!」とファンにエールを送られると、飛びきりの笑顔で「ありがとうございます。頑張ります」と伝えた。

「以前、皆さんの前で手紙を読んだときに大泣きしてしまったことを覚えています。そのときの映像を今観るととても恥ずかしいのですが…。今日は途中で胸にこみ上げてくるものがあったのですが、何とか気持ちを落ち着かせて僕の心を皆さんに伝えることができました」「本当に心から感謝しています。僕は本当に幸せな人生を歩んでいます。そしていつも緊張を緩めてはいけないなと思っています。どんなに辛くても、僕のことを信じて愛を送ってくださる皆さんがいるので、僕は自分に嘘をついてはいけないと思っています。どんなに辛い道でも正しく、一生懸命歩いて行こうと思いますし、皆さんをがっかりさせてはいけないといつも思っています」と語った。ジュンギとファンが気持ちをしっかりと確かめ合った後は、ライブコーナーがスタート。

「サランヘ~」と叫ぶファンに「僕も愛してる」と返し、「今日は皆さんに大泣きしてもらうこともできたのですが、そうなってしまうと後で皆さんは盛り上がれないかなと思って。僕が泣けば、みんな一緒に泣いちゃうじゃないですか(笑)。僕は結構泣く男なんですよね。でも僕はすぐここで笑うこともできますよ(笑)。本当にさっきは感情がこみ上げてきて、抑えるのが大変でした。この感謝の気持ちを歌で伝えたいと思います」。いつもゲストとして参加する、ジュンギの友人であり歌手のユ・スンチャンが今回は不参加ということで、気持ち心細そうな様子を見せながらライブがスタート。

画像

ファンの手拍子が鳴り響く中、明るいメロディが印象的な『I’m yours』を披露。「愛してるよー」と声をかけてスタートした『Geek in the pink』では途中でダンサーも加わり、会場をヒートアップさせた。自宅からドラマの現場へ向かうジュンギを収めたVTRを挟み、ビートに合わせてライトが点滅するステージにTシャツ+ブラックのジャケットに着替えサングラスをかけて、ダンサーとともに戻ったジュンギ。「Are You Ready?!」と声をかけ、『Bring da beat』をパフォーマンス。雑誌撮影シーンの映像を挟み衣装替えをして再び姿を見せると、日本語バージョンの『Ma lady』をダンスとともに披露し、コール&レスポンスで会場を盛り上げたジュンギ。

画像

「日本で聴きたい曲のアンケートをしたのですが、3位は『パボサラン(バカみたいな愛)』でした。残念ですよね。僕は『パボサラン』が当然1位だと思って準備したのですが、昨日取り消しました」ファンの「え~!!」という声にアカペラで『パボサラン』をファンとともに歌い、さらに一体感を高めていた。イベントも終盤となり、アンケートで1位、2位になった曲で締めくくると告げ「これからもこのようにバラエティに富んだ色んなステージを用意したいと思います。また次のツアーでもお会いしましょう。次のドラマ『夜を歩く士』でも新しい姿をお見せすることを約束しながら…以上、イ・ジュンギでした。では残り2曲聴いてください」と挨拶。パワフルなダンスとともに『惜しみなく与える木』を披露した後は、ステージを右に左に移動しながら『Together』をパフォーマンス。会場が一体となって盛り上がった。

画像

アンコールはストリート系ファッションに身を包み、『Born again & J style』でダンスの実力もしっかりとアピール。観客を大いに沸かしたジュンギは、会場が暗転する中でコール&レスポンス。最後は声のトーンを落とし、照明が灯るとステージに座るジュンギの姿が。「本当に疲れました(笑)」「楽しかったですか?今日。本当にお疲れさまでした。また会いましょう。(ファン:え~!!)もう公演が始まってから3時間が過ぎましたよ(笑)。ご存知ですか?(ファン:ネ~!)怖いファンの皆さんですね(笑)。最後に1曲歌ったら、思いっきり声を出す自信はありますか?(ファン:ある~!!)走らないといけないですよ(ファン:ネ~!!)」さらにコール&レスポンスで煽り、『High Technology』がスタート。再び会場が一体となって盛り上がり、ジュンギは完全燃焼した様子だった。

画像

ラストは「どうもありがとうございました。またお会いしましょう!」投げキスを贈り「愛してるよ~」と声をかけ、3時間以上に及ぶファンミーティングの幕を閉じた。トークコーナーで通訳が話している間は客席のあちらこちらに視線を送り手を振ったり可愛い表情やお茶目な顔をして見せたりとファンを楽しませ、ライブではダンスとともに力一杯パフォーマンスし歌手顔負けの実力を披露し、ファンに最高の“デート”をプレゼントしたジュンギ。その才能とキャラクターでファンを魅了し続ける彼の、今後の活躍にますます期待がかかる。

画像

■2015 Lee Joon Gi SPLENDOR Family Day 公演DVD-BOX、7月発売予定
イ・ジュンギ日本公式サイト SPLENDOR www.joongi-splendor.jp/

<セットリスト>
01.For a while
02.I’m yours
03.Geek in the pink / Jason Mraz
04.Bring da beat
05.Ma lady(JPN ver.)
06.惜しみなく与える木(JPN ver.)
07.Together(JPN ver.)
08.Born again & J style(Original ver.)
09.High Technology
イ・ジュンギ プロフィール
mixiチェック
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

関連記事

クリミナル・マインド:KOREA

イ・ジュンギ主演、人気アメリカドラマ「クリミナル・マインド…

イ・ジュンギ主演『シチリアの恋』2017年4…

イ・ジュンギ主演『シチリアの恋』2017年4月22日(土)よりシネ…

2016 MBC演技大賞~韓国から生中継

今年の韓流の顔、総決算を3夜連続で放送!!

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-韓…

イ・ジュンギ×IU豪華共演!EXOベクヒョンほか出演!奇跡のイケ…

2017/03/07 XIAジュンスが表紙!ジェジュン(JYJ)他『韓流T.O.P』2017年5月号 3月16日発売
2016/11/01 コン・ユが表紙!パク・シフ、イ・ジュンギ他『韓流T.O.P』2017年1月号 11月16日発売
2016/05/23 イ・ジュンギ×チャンミン(東方神起)「夜を歩く士」セル&レンタルDVD8/2より発売!
2016/01/18 イ・ジュンギ スペシャルファンミ「White Joon Gi Day」@ソウル 参加ツアー
2015/11/04 パク・シフが表紙!超新星ソンモ他『韓流T.O.P』2016年1月号 11月16日発売!