ソン・ガンホ主演映画「観相」制作発表会@ソウル

※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。

韓国映画のトップ俳優たちが出演!映画「観相」制作発表会の模様!

概要
開催
2013年8月12日
会場
韓国・メガボックスMEGA BOX(東大門グッドモーニングシティ9階)
登壇
ソン・ガンホ、キム・ヘス、イ・ジョンジェ、チョ・ジョンソク、イ・ジョンソク、ペク・ユンシク、ハン・ジェリム監督
mixiチェック

韓国で2013年9月11日より公開される期待の新作映画『観相』の制作発表会が8月12日に行われた。

王の座が危うい朝鮮時代を舞台にした映画『観相』は、顔ひとつで人の運命を見抜く天才観相家ネギョン(ソン・ガンホ)が、権力争いに巻き込まれ、朝鮮の運命を変えようとする物語。韓国映画のトップ俳優たちが出演する夢のキャスティングにより、注目を集めている作品だ。

挨拶お願いします。

ハン・ジェリム:こんにちは。『観相』を演出したハン・ジェリムです。お会いできて嬉しいです。

ソン・ガンホ:こんにちは。ネギョン役を演じたソン・ガンホです。

キム・ヘス:わたしはヨンホン役を演じました。お会いできて嬉しいです。

ペク・ユンシク:こんにちは。ペク・ユンシクです。キム・ジョンソ役を演じました。

イ・ジョンジェ:こんにちは。首陽大君を演じたイ・ジョンジェです。

チョ・ジョンソク:こんにちは。ネギョンの義理の弟役を演じたチョ・ジョンソクです。

イ・ジョンソク:ネギョンの息子、チンヒョン役を演じたイ・ジョンソクです。こんにちは。

画像 画像

役柄の紹介をお願いします。

ソン・ガンホ:没落した両班(ヤンバン)家の人で、ヨンホンによって世俗の誘惑で漢陽(ハシャン)に行くことになったが、癸酉靖難(ケユジョンナン)という歴史的な事件に巻き込まれる役です。

キム・ヘス:勘で観相を見ているが、実際に観相を見ることができない人物です。漢陽(ハシャン)で最高の妓生ハウスを運営している妓生です。本能ですべてを判断するとても判断が速い女性です。ネギョンを利用するために漢陽(ハシャン)に連れて来て、歴史的な事件に巻き込まれたネギョンを通じ、世の中を再び深く理解することになる人物です。

画像

チョ・ジョンソク:僕も観相家ではありません。ペンホンという人物はネギョンの義理の弟ですが、誰よりもチンヒョンを大切にする、なくなった姉、母の代わりをする役だと思います。

イ・ジョンジェ:非常に野望と欲が多くて権力のためなら、なんでもする人物です。

ペク・ユンシク:実存人物と架空の人物が釣り合う映画です。キム・ジョンソという人は守るべきことは守らなきゃいけないという信条を持っている人物です。

イ・ジョンソク:ネギョンの家は没落した両班(ヤンバン)家です。父があなたは官職すると痛い目に合う観相だと警告をするが、自分の運命は自分で開拓していくという野望で宮に入りますが、結局痛い目に合う役です。

画像

このような素晴らしい俳優たちのキャスティングができた理由は?

ムン・ジェリム:僕もこのように見ていると本当に素晴らしい先輩と俳優のみなさんと映画を撮ったなと思います。とてもラッキーでありがたく思っています。

キム・ヘスさんはどのようにキャスティングしましたか?

ハン・ジェリム:ヨンホンという役をキム・ヘスさんにお願いしたいと思っていました。ヨンホンというキャラクターはこの映画を左右するネギョンという観相家とは違う生き方をしている役なので、なんとなくやってくれなさそうな気がしましが、勇気を出してキャスティングの話をしたらオーケーしてくださったので、完璧なキャスティングになったと思います。

画像

イ・ジョンジェさんは映画『ハウスメイド』を見てキャスティングを決めたと聞きましたが・・・

ハン・ジェリム:イ・ジョンジェさんは元々好きでした。首陽大君の役のことを考えていまして、実存人物が37歳くらいで野望もあり、品格もある俳優は誰なのか?そのときに『ハウスメイド』という映画が思い浮かびました。『ハウスメイド』で見せた演技が印象に残っていたのでそのような姿を時代劇で見せたら新しいのではないかと思いキャスティングしました。

チョ・ジョンソクさんとイ・ジョンソクさんをキャスティングした理由は?

ハン・ジェリム:チョ・ジョンソクさんの場合はペンホンという役がこの映画を優しく癒してくれたり、あるときはドラマを切り替えたりするので、演技の経歴も長い彼だと十分にできると思いました。イ・ジョンソクさんの場合は目もそうだし、背も高い、後ろ姿も悲しく見えてこの役に合うと思いキャスティングしました。

初の時代劇に挑戦でしたが、負担はなかったのか?

ハン・ジェリム:時代劇を本当にやりたかったので挑戦しました。楽しかったし、時代劇が思ったより現代劇より多くの準備をする時間と撮影ときの手間がかかることを知りました。そのような経験がなかったのでもっと準備をしていたらいい環境で撮影ができたのではないかと思いました。その面では悔しかったですが、楽しかったです。

チョ・ジョンソクさんと呼吸はどうでしたか?

ソン・ガンホ:チョ・ジョンソクさんは僕の義理の弟の役です。最後まで2人が出るシーンが多かったです。チョ・ジョンソクさんは才能がある俳優なので、一緒に演技ができて幸せでした。

大先輩であるソン・ガンホさんと演技をした感想は?

チョ・ジョンソク:ソン・ガンホ先輩と一緒に映画にでることだけでも光栄でしたが、相手役で多くのシーンを撮ることができて個人的に本当に幸せでした。本当に楽しく撮影ができました。

画像

ソン・ガンホさんと共演をすることになったと初めて聞いたときの気分はどうでしたか?

チョ・ジョンソク:とても緊張しましたし、どんな方か気になりました。初めての撮影のとき先輩がとてもリラックスさせてくれて、楽しく撮影ができました。

劇中、観相家ですが今回映画の興行はどうなると思いますか?

ソン・ガンホ:非常にいい運を持った作品ではないかと思います。

画像

華やかなキャラクターを表現するために衣装とヘアメイクにかなりの準備をしたと思いますが・・・

キム・ヘス:はい、その通りです。私が演じたヨンホンという役は漢陽(ハシャン)最高の妓生なので華やかですね。時代劇にも関わらず、ある意味破格的なチャレンジの衣装とメアメイクにしました。私が準備したわけではなく、最高の専門家たちにやってもらいました。いつも俳優はそうだと思いますが、現場の状態に非常に影響を受けていると思います。そのようなことが結果的にヨンホンというキャラクターを導いたのではないかと思います。

シナリオを見て首陽大君の役を演じたい気持ちがあったと聞きましたが・・・

キム・ヘス:本当です。私が最後に合流したのですが、シナリオを見て、自分が女優を始めて以来、一番面白かったシナリオでした。まるで、とても面白い小説を一気に読んでいく感じでシナリオを読み終えました。私たちが知っている首陽大君ではなく、とても魅惑的に描写されていて強力なエネルギーを持っている首陽大君でした。実際に首陽大君が存在する歴史の中の人物ではなかったら、私が監督にお願いをして男装をした女性に再構成したいくらいの魅惑的なキャラクターです。そして、私が演じたヨンホンという役は時代劇にもかかわらず、とても自由で本能的に時代の流れに身を乗るキャラクターです。とても楽しかったし、私が大切にするキャラクターのひとつになると思います。

画像

首陽大君をキム・ヘスさんが演じたらどうだったと思いますか?

イ・ジョンジェ:映画『10人の泥棒たち』の地方舞台挨拶に行くときはバスを貸切して行きましたが、その前の日にキム・ヘス先輩に『観相』のシナリオが渡るのを僕は知っていました。バスを乗って先輩にシナリオ見た?と聞きました。それで、ヘスさんはうん、見た。首陽大君最高!私、首陽大君したらだめ?といいました(笑)。それが去年の夏でした。ヘスさんが、私たち楽しくやってみようと言いましたね。撮影場ではもっと会えたら良かったのですが、2回、非常に短く会うことしかできませんでした。そのような物足りない部分もありましたが、楽しく撮影をしました。

画像

後輩であるイ・ジョンジェさんとの呼吸はどうでしたか?

ペク・ユンシク:僕はジョンジェさんと始めての公演ですが、とても良かったです。演技をするときには呼吸が大事ですが、それが非常にスムーズに合いました。

大先輩との演技対決でしたが、どうでしたか?

イ・ジョンジェ:僕がとても尊敬していて、いつか機会があれば一度は一緒に演技をして見たいなと思っていました。先輩が出演した作品は全部見ました。今回の映画『観相』でキム・ジョンソ役を演じた先輩の力は凄かったです。

画像

撮影のとき、一番大変だったのは?

チョ・ジョンソク:一番大変だったのは天気だったと思います。天気の運があまりよくなかったです。そして、今年の冬は雪が多かったので、そのような問題もありましたし、とても寒かったです。

撮影場で末っ子の役割は充実しましたか?

イ・ジョンソク:僕よりはチョ・ジョンソクさんがムードメーカーでした。ソン・ガンホ先輩と2人の会話をするところを見ると漫才をしているような感じだったので、面白かったです。

大先輩たちと演技をして勉強になったと思うことはありましたか?

イ・ジョンソク:僕の場合は台詞のトーンやイントネーションは一般的に使うものを超えないのですが、ソン・ガンホ先輩の場合は台詞で遊んでいるといいますが、本当に台詞を自由自在に使いました。先輩たちのひとつひとつを見て、とても勉強になりました。

画像

若い後輩と演技をした感想は?

ソン・ガンホ:元々、このような席はいい話をする場ですが、そのような形式的なことではなく、本当に感謝しています。このようないい後輩たちと先輩の方々と一緒に演じることができて感謝しています。

観相と占いを信じますか?

ハン・ジェリム:実際に見てもらったことはないです。

イ・ジョンソク:観相は信じてないです。以前、僕が21歳のときに母が占い師に見てもらってあなた25歳になったらいいことがあるって占いで言われたそうです。今、25歳です。それが、急に思い浮かびました。

キム・ヘス:私も観相を見てもらったことはありません。観相というのはみんな興味を持っていると思います。今回の作品を演じたことで、実存人物と架空の人物が釣り合って、まるで歴史の中で私たちが知らなかった事実のような気がするくらい、十分に可能性がある話だと思いました。結局、運命、信念というのは顔に出てくるのではないかと思います。

画像

観相家の演技をために努力した部分は?

ソン・ガンホ:僕は観相家の役ですが、観相を勉強したり、直接準備はしませんでした。この映画は、観相に関する仕事をしている人の目を通じ、その人の運命というか、生活に関する全体的なことを描いています。映画の中で、運命は変わるものだという台詞が出てきますが、変われるのが運命ではないかと思います。

画像

制服と韓服(ハンボク)、どっちが楽でしたか?

イ・ジョンソク:まず、僕が髪型で印象が激しく変わる人だなと思いました。韓服(ハンボク)もとても楽でしたし、良かったです。

ソン・ガンホさんと2度目の作品ですが、久しぶりに会った感想を教えてください。

ハン・ジェリム:韓国最高の俳優と2回も一緒にさせてもらったので、非常に光栄に思っていますし、ラッキーだと思います。今回2度目の作品だったので、より映画を導いてくれたし、今まで見たことがない演技を見せてくれたので、再び驚きました。やはり最高の俳優だと思いました。

最後に挨拶お願いします。

イ・ジョンソク:いつも緊張していました。父からビンタをされるシーンがあります。撮影のときに緊張しすぎて10回ビンタをされましたが痛くなかったです。それだけ常に緊張しながら撮影をしました。なので、非常に期待ができる作品だと思います。

チョ・ジョンソク:一生懸命撮影をして、幸せに撮影を終えることができました。それほど、良い作品に仕上がったと思います。たくさんの期待と応援をお願いします。たくさん観に来てください。

画像

イ・ジョンジェ:スタッフのみなさんが長い間、苦労した分面白かったという声をたくさん聞けたらいいなと思います。

ペク・ユンシク:また、ひとつの作品を終えて皆さんの前に立ちました。たくさんの関心を寄せてください。

キム・ヘス:魅力的なキャラクターを演じられたので、個人的に光栄に思っています。素材面でも観相というのは誰もが好感を持つほどの素材でもあるし、歴史的な事実でもあり、とても大きいストーリーの力を持つ映画だと思います。そして、個人的に私たちが今まで見てきて、ソン・ガンホという俳優が何故最高なのかを証明してくれる映画ではないかと思います。

画像

ソン・ガンホ:時代劇、僕たちはドラマや映画でたくさん見てきました。いい時代劇もたくさんありますし、いい映画もたくさんあります。『観相』という完成度の高い映画だと思っています。時代劇はたくさんありますが、『観相』の映画を通じ新しく感じられる作品になって欲しいですし、そのようになると思います。期待してください。

ハン・ジェリム:僕が自信を持って言えるのは、本当にここにいる最高の俳優のみなさんがびっくりするくらいの最高の演技を見せてくれたと思います。

画像
◆プロフィール紹介
mixiチェック
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

関連記事

ドクター異邦人

イ・ジョンソク×パク・ヘジン出演メディカルドラマ

チャン・ドンゴン×イ・ジョンソク『V.I.P.…

誰もが恐れる”アイツ”が、北からやって来たーー 『V.I.P. 修羅…

イ・ジョンジェ×リーアム・ニーソン『オペ…

マッカーサー指揮の下、朝鮮戦争の戦局を一変させた伝説の作戦…

シグナル

イ・ジェフン×チョ・ジヌン×キム・ヘス出演、未解決事件を追う…

2018/06/21 イ・ジョンソク来日ファンミーティング千葉と大阪で8月に開催!
2017/10/23 イ・ジョンソク来日!12/6大阪&12/8大宮(埼玉)でファンミーティング開催!
2016/11/30 イ・ジョンソク来日!ファンミーティング2017年2月1日・2日大宮にて開催!
2016/03/11 イ・ジョンソク、ユン・サンヒョン出演「君の声が聞こえる」3/14より放送!
2016/01/07 イ・ジョンソク×パク・シネ主演「ピノキオ」TSUTAYAレンタルキャンペーン実施!