「ああ、私の幽霊さま(原題)」チョ・ジョンソク&パク・ボヨン インタビュー

※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。

「ああ、私の幽霊さま(原題)」チョ・ジョンソク&パク・ボヨン オフィシャルインタビュー

mixiチェック

「ああ、私の幽霊さま(原題)」はどのようなドラマですか?

チョ・ジョンソク:「ああ、私の幽霊さま」は多様なジャンルが楽しめるちょっとセクシーなゴースト・ラブコメディです。ナ・ボンソンの成長の話を描いたドラマとも言えます。

キャスティングされた時の気持ちはいかがでしたか?

パク・ボヨン:キャスティングの提案がきたとき、台本をみて最初はすこし怖かったです。台本だけをみたときは一歩間違えると嫌悪感を与える気がして、どのように表現すればいいのかと悩みましたが、監督に会って、この方なら信じてついて行ける思いました。(出演を)決めてからは監督と会話しながら準備する過程の毎日毎日がとても楽しかったです。

チョ・ジョンソク:僕の場合は、監督と作家の方が前回一緒に作った作品を見て、内容も新鮮で、素材も面白く、相手役のパク・ボヨンさんもすでにキャスティングされていたので僕はやらない理由がありませんでした。

画像

今回は積極的なスキンシップや刺激的なせりふが多かったり、パク・ボヨンさんは初のキスシーンもありましたが、共演してみて、いかがでしたか?

パク・ボヨン:それもすごく心配だったのですが、チョ・ジョンソクさんが現場で上手にリードしてくれたので無駄な心配だったと思えるほどやりやすかったです。

チョ・ジョンソク:ボヨンさんが上手に演じてくれました。女性が男性にそうやって攻めること自体嫌悪感を与えてしまうキャラクターになりかねないのですごく難しいところでしたが、情緒的にかわいくキュートなパク・ボヨンという女優がその役を演じた事で好感を持って観ていただけてたのかと思います。パク・ボヨンという女優は本当に宝石のような女優です。

画像

撮影中の印象に残ったエピソードがあったら教えてください。

チョ・ジョンソク:パク・ボヨンさんはかわいいから、甘えてくる演技で「はい?はい?」ってやるとき、僕は突き放さないといけないのにそれができなくて。。それで僕はNGたくさん出してしまいました。笑いをこらえられなくて、それでNGを多く出してしまいました。それが僕はちょっと大変でした。(笑)演じることは英語では「PLAY」ですが、遊ぶという意味もあるのでドラマに出演した俳優・スタッフ・監督みんな本当に「PLAY」をしていたという感じですね。

パク・ボヨン:チョ・ジョンソクさんと一緒に演じることが一番多く、一緒に演技してて、チョ・ジョンソクさんが結構お茶目で笑いを我慢できなくてカメラに映らないからって笑うから私も集中ができなくて(笑)。このはがゆい気持ちを誰がわかってくれるかなと思っていたら、カメラ監督が後ろからチョ・ジョンソクさんのほっぺが上がるのが見えるとおっしゃってくださって(笑)。笑わずに一生懸命にやろうと、それ以来は楽に演じることができました。現場はすごく和気あいあいな雰囲気でみんないい感じでした。ソ・ビンゴ役のジョンウンさんや、ヒジンさんもそうでレストランの方たちも現場にくるとみんな仕事ではなく集まっておしゃべりしたり遊んだりそんなリラックスした雰囲気で撮影をしていたからいい感じに仕上がりました。その中でも一番のムードメーカーはチョ・ジョンソクさんでした。

チョ・ジョンソクさんはカリスマシェフという役でしたが、今回演技するうえで、苦労したことは?普段お料理はしますか?

チョ・ジョンソク:監督から本当に上手に料理してほしいと言われました。例えば三枚おろしとかも本当にやってほしいとのことでボヨンさんと一緒に練習もたくさんして習ったりしました。その部分においては大変でしたね。よく手も切りましたし。それ以外に大変なところはなかったです。シェフの特徴の研究はしましたがロールモデルを決めてキャラクターを作ったわけではなくて自分だけのカン・ソンウというシェフを作ってみようと思いました。(キャラクターに)入るのにキッチンが自分のだけの空間だとしたらその空間では自分のルールがあってそれは必ず守る、その自負心とプライドが確実で揺るがないという考えを持ってスタートしました。僕は料理は普段しないので、料理に対してまったくわからなかったのですが、ドラマを通じていくつか料理ができるようになり今回少しわかるようになりました。

画像

カン・ソヌはちょっとうぬぼれやさんなキャラクターですが、チョ・ジョンソクさんご自身と共通点はありましたか?

チョ・ジョンソク:たくさんあります。実は優しく話したりができない性格なんです。 “ご飯は食べの?”と話せなくて。。。労う気持ちや配慮の気持ちはいっぱいあるのですが照れくさくてちょっとうぶっきらぼうになってしまうんです。その部分を“ツンデレツンデレ”と言われてます。(笑)そこは似てるところですね。違う点は、僕はあんまり怒ったりはしませんが、ソンウは怒りすぎですね。(笑)

ナ・ボンソンは内気で自分に自信が持てない女の子ですが、パク・ボヨンさんご自身と共通点はありましたか?

パク・ボヨン:人見知りな部分と、ボンソンが明るくなったときシェフたちに“真ん中ナ・ボンソン”という表現をするときのボンソンが私と一番似ってるなと思います。

パク・ボヨンさんは初の主演作で、幽霊が見えるという難しい役だったと思ますが、演じてみていかがでしたか?

パク・ボヨン:演じる前は1人2役のような部分もあり、キャラクターを行ったり来たりしないといけなかったのですこし心配でしたが、終わってからこの作品をやってよかった、この人たちと一緒にお仕事して良かったと思っています。すごくラッキーだったなと思えるほど幸せな夏でした。

画像

幽霊は存在は信じますか?見たことありますか?

パク・ボヨン:見たことはないのですが、いるとは思います。私は撮影する前に幽霊というと納涼スペシャルで出てくるみたいに悪い幽霊だけと思っていたのですが、今回の作品でスンエのようにかわいい幽霊もありかもと思ったので、前よりは幽霊が怖くなくなりました。

チョ・ジョンソク:僕もいるとは思いますが、直接みたことはないです。悪夢をみることはありますが、現実みたいに事故に会うとかの悪夢で幽霊に遭遇する夢は見たことないですね。幽霊の存在は漠然と信じていますが、良い人、悪い人がいるようにGood、Bad、いい幽霊、悪い幽霊がいると思います。

ドラマの見どころ、おすすめのシーンは?

チョ・ジョンソク:見どころはボヨンさんの“しょんぼりナ・ボンソン”と“ちょっとエッチでハツラツなナ・ボンソン”の両面を中心にみていただけると面白いのではないでしょうか。

パク・ボヨン:このドラマはポイントというより一話一話だけのポイントが様々です。今日はボンソンのエピソードがメイン、この回はカン・ソンウシェフ、レストランの方たちの話のように見どころもポイントも多くて一話一話の流れのままみて頂いて良いドラマだと思います。おすすめのシーンはボンソンが横断歩道を間にして躊躇していたけど勇気を振り絞って走って行き、シェフに抱きつくシーンです。それがボンソンがもう一度元気を出した所だったし、いつもしょんぼりだった姿から憑依された瞬間でもなく、本来のボンソンから一歩前に進むシーンだったからそのシーンが思い出深いです。

画像

お二人の好きな異性のタイプは?

パク・ボヨン:世の中にカン・ソンウのような男性がいるか?というような話を撮影中にスタッフの皆さんともいっぱい話しました。本当にカン・ソンウシェフのような男性がいればみんな好きになると思いますが、ドラマをやってからカン・ソンウシェフのような人に会えたらいいなと思うようになりました。

チョ・ジョンソク:カン・ソンウシェフは僕が演じました。(笑)

パク・ボヨン:チョ・ジョンソクさんじゃなくてカン・ソンウシェフ!(笑)

チョ・ジョンソク:僕も憑依された時のナ・ボンソンのように元気はつらつでかわいくきゃぴきゃぴしている魅力と、違う時の落ち着いて考えが深くて慎重なそんな両面をもったそんなナ・ボンソンのような女性が最高の理想ですかね。ボヨンさんもそうだと思いますが、僕もカン・ソンウを演じてカン・ソンウから教えてもらったことがだくさんあります。

パク・ボヨン:私もナ・ボンソンのおかげで甘えるのってこういうときにこうするのかとたくさん勉強になりました。

チョ・ジョンソク:人間チョ・ジョンソクとパク・ボヨンがカン・ソンウ、ナ・ボンソンから教えてもらいましたね。

画像 画像 画像

今後どんな役を演じてみたいですか?

パク・ボヨン:私はいつもやってないことをやってみることが目標なのでやってないことをやりたいです。ボンソンを演じてから愛の感情について少しわかるようになったので今度は正統派ラブストーリーもやってみたいです。楽しみです。

チョ・ジョンソク:パク・ボヨンさんに似合ってますね。僕も悲しくて切ないそんなラブストーリーをやってみたいです。

パク・ボヨン:そういうのやったら面白そうですね。

チョ・ジョンソク:今度また一緒にできたらいいですね。

パク・ボヨン:ええ、それも面白いかも!

チョ・ジョンソク:もしシーズン2ができたら「ああ、私の幽霊さま」がカン・ソンウが憑依されるんです

パク・ボヨン:ボンソンに積極的なアプローチ、そういうのやったら面白そうだねとそんな話をしたことあります。

画像 画像

最後に視聴者にメッセージをお願いします。

チョ・ジョンソク:ロマンティック・ゴースト・ラブコメディロマンスとサスペンスの二つのジャンルを一緒に楽しめるとても面白いドラマです。ご期待ください!!

パク・ボヨン:日本では12月17日より放送スタートです!みなさん応援宜しくお願い致します。

『ああ、私の幽霊さま(原題)』番組情報

チョ・ジョンソク プロフィール
mixiチェック
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

関連記事

花より青春 2

チョ・ジョンソク、カン・ハヌルほか人気シリーズ「花より~」…

ああ、私の幽霊さま(原題)

ちょっとエッチな幽霊に取り憑かれた内気な女性とスターシェフ…

チョ・ジョンソク×シン・ミナ×ソ・ガンジ…

韓国ロマンティックコメディの金字塔が24年の時を経て新たに蘇…

2014 Mnet Asian Music Awards 字幕版

Mnetが誇るアジアNo.1音楽授賞式を字幕版でお届け!

2015/10/16 チョ・ジョンソク出演「ああ、私の幽霊さま(原題)」Mnetにて12月より日本初放送!
2014/12/04 EXO、SOL、INFINITE、CNBLUE、2PM等!「2014 MAMA」受賞者決定!
2014/11/25 ソン・スンホン、クォン・サンウなど「2014 MAMA」豪華プレゼンター出演決定!
2014/10/01 パク・ボヨン、映画「情熱みたいなこと言ってるね」で芸能部記者に変身
2014/09/24 チョ・ジョンソク、映画「私の愛、私の花嫁」でシン・ミナと共演