チョン・ウソン来日!SSFF & ASIA「シネマナイトイベント」@表参道ヒルズ

※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。

チョン・ウソン登壇!『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015』イベント「チョン・ウソン シネマナイトイベント」の模様

イベント概要
開催
2015年6月7日
会場
表参道ヒルズ スペースオー
登壇
チョン・ウソン MC:映画祭フェスティバルDirector
mixiチェック

チョン・ウソン、監督として「ロマンチックコメディに挑戦したい」

私の頭の中の消しゴム』『デイジー』『グッド・バッド・ウィアード』などの大ヒット映画に出演した韓国を代表する俳優チョン・ウソンが、東京・表参道ヒルズスペースオーにて6月4日に開幕した、国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2015』の一環として行われたトークイベント「チョン・ウソン シネマナイト」に登壇。近年、演技者としての幅を広げ、CMやミュージックビデオ、ショートフィルムの監督としても活躍中のチョン・ウソン。イベントでは、自身がメガフォンを取った作品の上映や、彼の監督としてのクリエイティブな側面に迫るトークショーを繰り広げた。

この日行われたイベントには、チョン・ウソンをひと目見ようと、即日完売となったプレミアムチケットを手に280人もの来場者が訪れ、会場はファンの熱気で満ちあふれていた。オープニングは、ウソンが俳優として出演したキム・ジウン監督(『悪魔を見た』)のショートフィルム『The Present』の上映からスタートし、その後トークショーを展開。鮮やかなエメラルドグリーンのスーツで登場したウソンに大きな歓声が沸き起こった。爽やかな笑顔で会場を見渡し、「日本に来るのはとても久しぶりですが、このように皆さんと対話をする時間をくださったショートショート フィルムフェスティバル国際短編映画祭の皆様に感謝いたします。非常にうれしく思っています」とあいさつ。4年前に撮影した同作品を振り返り、「キム・ジウン監督は短編映画を撮るにあたり、キャスティングについてとても悩まれたようで、私にキャスティングのオファーをする際も、『大丈夫かな?』と非常に悩んだ末にオフォーしてくださったようです」、スパイたちの暗闘とすれ違いの愛を描いた作品について、「そんな経緯で短編映画『The Present』を撮ることになったのですが、まさかこんなにすごい、何というか…ヤクザ的な映画だとは思いませんでした(笑)」とユーモアを交えて語り会場の笑いを誘った。

画像 画像

今回、監督として改めてショートフィルムの映画に参加し、制作という側に立ったことで新たに発見した部分について聞かれると、「休む時間がないですね(笑)。やはり長編と短編では違います。すごく短い時間の中に、ものすごく圧縮された長い意味を込めなければいけないので。スケジュール的にはすごく短い時間の中ですが、込めなければいけないものは非常に時間のかかる、凝縮された内容を盛り込まなければいけないので、(短編は)長編とは全く違うものだと思います。でも、商業的な目的で作る訳ではないので、自由にプレッシャーなく作業することができたという意味では、映画作りに関してはとても大胆になれたと思います」と率直に語った。

『いい奴、悪い奴、おかしな奴』に続けてキム・ジウン監督作へは2作目の出演となったチョン・ウソン。キム監督の演出は、長編とショートフィルムのスタイルの違いはあったのかという質問に、「とくに違いはありませんね。いつもサングラスを掛けて目を合わせない、目が見えないのでいつも何を考えているのかわからない、そういう意味では差はなかったと思いますが(笑)。キム監督は非常に繊細というか鋭い方ですね。すごくタフに“このように表現してくれ”と荒々しく演出される監督もいらっしゃいますが、キム監督は、寄って来て深く深く深く掘り下げていくように迫ってくる感じです」と明かした。

画像

続いて、自身が監督した作品で、韓国人気グループgodの4集に収録されているMV3部作の中から『悲しい愛』と、香港国際映画祭でも上映された最新監督作の『殺し屋』(The Killer Behind, the Old Man)の2本を上映。

再び舞台に登壇したウソンは、短編映画を撮ることになったキッカケを、「香港映画祭の方から制作しないかという要請がありました。オファーを受けた当時はドラマ『パダムパダム~彼と彼女の心拍音~』や映画『私を忘れてくれ』などに出演していましたが、忙しいことを理由にそのオファーを断ることは止めました。というのは、短い時間を使ってでも一つの作品を作ることがあってもいいのでは?と考えたからです」と語り、映画の内容について「まず短編を作るにあたり、どのような素材を作ろうかと考え、私が通っているジムに老人がいて(映画とは違うもう少し健康的な老人)、その老人を観察して、この年配の方を主人公に映画を作ったらどうかなと。そこに殺し屋キラーがいたらどうだろう?と想像を膨らませました」。脚本については「あまりにも時間がなかったので、内容はスタッフと共有するために現場で雑談しながら詰めていき、脚本家にもその場で色々アイディアをもらいました。それが効果的に映画に表れていると思います。私も、現場で(セリフの)メモ書きを渡しながら映画を撮りたいというようなタイプの監督かもしれません(笑)」と明かした。

画像

また、俳優として活動しながら演出に興味を持ったきっかけについては、「映画に関わる教育も受けていませんし、そういった学校も卒業していませんが、子供の頃から感受性は強かったと思います。小さい頃からなりたいと思っていた俳優になり、映画制作の現場から叩きあげで学んできました。そこで出会った監督、同僚、スタッフの方から映画制作について学んできたので、なろうと思って(俳優に)なったというよりも、映画を作ることはとても自然な成り行きできたように感じます。幼い頃、自分の家は経済的にあまり余裕がなかったので、家に帰ってからテレビをつけて洋画を見ることが唯一の娯楽でした。まだ何もわからない小さな頃、韓国語で喋っている洋画を見てまさかそれが吹き替えだとは思わず、西洋人が韓国語を喋っているとばかり思っていました。家にゆとりがないのは幼くてもわかっていたので、映画を観ることは貧しい日常から脱出できる楽しみでした。映画を観ることで心が安らぎ、息抜きができると感じたので、そういう機会があればチャレンジしてみたいと自然に思うようになりました」と語るウソンに会場から大きな拍手が沸いた。

これまでに影響を受けた映画や監督について聞かれると、「10代の頃は、香港映画が一大ブームでした。世界的にも話題になる香港映画が非常にいい作品を作っていた時代でよく観ていましたが、とくにウォン・カーウァイ監督の作品がすごく印象に残っています。時代劇『楽園の瑕』(英題:Ashes of Time)や、その後の『花様年華』(英題:In the Mood for Love)などで悲しみをしみじみ感じることができました。当時はわかりませんでしたが、私自身が歳を重ね、今振り返ってみたら一番心に残っているのはウォン・カーウァイ監督の作品ではないかと思います」。また、映画における音楽の使い方について「ストーリーに想像を膨らませたり、考えたりしますので音楽は映画にとって欠かせない、アクセサリー的な効果があると思います。あまりセリフのない短編映画などでは、音楽がより効果的に作用すると思います」と述べた。

画像

監督として、この作品は長編映画へのステップだったのか、今後もチャンスがあればショートフィルムに挑戦したいかとの質問に対して「元々、短編でなく長編の監督を夢見ていたのですが、短編を作る機会を与えていただき撮ることになりました。長編映画に関しては、韓国で既にやると宣言していますので、シナリオも4本くらい同時進行で書いています。1本はもうシナリオが上がりました。長編映画はタイミングがとても大切であり、商業的なもの、収入的なもの。色々な国々で普遍的な存在であると思います。短編映画の存在は、長編映画をもっと健康的にさせるために必要な存在なのではと思い、また機会があれば撮りたいと考えています」と語り、同じ俳優に演技指導することに対しては「キャラクターについての説明はしますが、表現の仕方などは細かく言わずに、俳優が現場でのニュアンスを活かし、どのようにするかを観察しています。演じるというのは、ある意味マネをする部分もありますが、私が100%こうしてほしいとあえて言わずに、その俳優に任せ静かに観察して映像に収めていきます。私が考えた以外の表現を俳優がすることが刺激になる瞬間でもありました」と持論を展開し、ファンからの質疑応答へ。

画像

―『MUSA 武士』の映像が映画に登場したことが嬉しかったのですが、短編映画の主人公の老人に対して、若さの象徴であるヨソルの映像を起用したのでしょうか?

ウソン:監督というものは映画を制作する際に、遊び心で関係のない映像を入れたくなるものなんですね(笑)。短編映画を作るにあたり、何か入れたいなと思った時に、やはり自分の映像を入れたいという単純な考えで大きな意味を込めたという訳ではありません。(日本語で)すみません(笑)。

―(MCより)遊び心で、ロッカーにムキムキの映像がありましたが、あれはウソンさんですか?

ウソン:違います。あの部分は遊び心でなく、重要な部分だったのですが(笑)。

―まだ挑戦されていないのはコメディタッチの映画だと思いますが、出演予定はありますか?

ウソン:ロマンチックコメディは以前からやってみたいジャンルです。商業映画の中で一番ハードルが高いのが、ロマンチックコメディなのではと思います。韓国の映画業界でもロマンチックコメディのシナリオで、これはすごいという作品に出会うのは結構難しい状況でもあります。私も映画制作に携わることになりましたので、これからやりたいなと思い営業もしています。どうやって笑いながらロマンチックを表現しようかな(笑)。

画像 画像

―中国のファンを代表してお聞きします。また、中国の俳優や監督などと共演される予定はありますか?

ウソン:以前、ジョン・ウー監督の作品に出演させていただき、それ以来監督にはものすごく可愛がっていただいています。監督も世界中の俳優の中で、『チョン・ウソンはいい俳優だ』と仰ってくださいます。制作混合するにあたり、監督からもオファーをいただいていますが、監督ご自身もタイミングが合わないことがあります。一年くらい前に言っていただけたらOKと言えるのですが、出来上がりギリギリに言われると調整が難しいことが多いので、タイミングが重要だなと思っています。

―監督として起用してみたい俳優は?個人的には1万ウォンで契約された方をどう演出されるか見てみたいです。

ウソン:1万ウォンで契約した俳優は、イ・ジョンジェさんだと思います。すぐにサインしてくれた気がします。すごくかっこいい役にするのか、その逆にするのかは私の心次第ですね(笑)。ですから、イ・ジョンジェさんは私に良くしないといけないですね(笑)。

画像

―(MCより)監督される時は、どんなファッションで演出されますか?

ウソン:サングラスは掛けないですね。ビジュアル的にサングラスの影響は大きいですよね。ですから、そういうのはしていません。ファッションはロケ地によって違います。ソウル市内で撮影の時はファッショナブルに(笑)。そうでない時はラフな格好ですね。

―godのMVと短編では構図が違いと思いますが、短編映画では撮影監督とはどのような絵作りにしようと決めていますか?また、ウォン・カーウァイ監督がお好きとのことですが、そのようなスタイルでキャラクターを作られていますか?

ウソン:godのMVについてですが、当時アルバムの中に3曲あり、その3曲の中のストーリー仕立てになっている3部作のうち、真ん中のMVをご覧いいただきました。当時は、ドラマタイプのMVが流行していて、私がgodのMVの構成については、MVらしいMVを作ろうと思いました。『SAD LOVE(悲しい愛)』は、12~14分くらいの長さで、当時はアンダーカバー的な感じで撮影しようと、カメラもスーパー35というカメラで、MVらしいものを作りたいと思いました。

画像

一方の『殺し屋』(The Killer Behind, the old Man)は、短編映画を制作するということで、高齢のキャラクターの方を確実に絞り込み、制作を始めました。その老人がいくらお金持ちでも、家族と断絶していたり、いくら物質的に恵まれていても、真の幸せとは何か、孤独さや悲しみがあるとうものをメッセージとして短編映画に込めてみました。老人に関しては、キャラクターをかなり、絞り込んでから始めました。

最後まで質問に丁寧に答え、時にはユーモアを交えながら駆けつけたファンとの交流を深め、トークイベントを盛況の内に終了したチョン・ウソン。俳優としてはもちろんのこと、映画監督としての今後の活躍にも注目したい。

なお、俳優の別所哲也が主宰する米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』(略称:SSFF & ASIA)は6月14日まで、東京・表参道ヒルズスペースオー、横浜・ブリリア ショートショート シアター他で開催。
部門や上映作品の詳細:公式HP(www.shortshorts.org/

画像
チョン・ウソン プロフィール
mixiチェック
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

関連記事

チョン・ウソン×ファン・ジョンミン×チュ…

チョン・ウソン×ファン・ジョンミン×チュ・ジフン 韓国最強の俳…

チョン・ウソン主演!映画『愛のタリオ』2…

美しき純愛に裏切りが訪れた時、男と女は破滅へと堕ちて行くー…

2PMジュノ×チョン・ウソン×ハン・ヒョジュ…

観客動員数500万人突破の韓国大ヒット作!

「第18回釜山国際映画祭」野外舞台挨拶

釜山・南浦洞で行なわれた『第18回釜山国際映画祭』野外舞台挨…

2016/11/01 コン・ユが表紙!パク・シフ、イ・ジュンギ他『韓流T.O.P』2017年1月号 11月16日発売
2016/05/17 アジドラ2016年7月は「想像ネコ」「情愛中毒」「愛のタリオ」等放送
2016/02/26 チャン・グンソクが表紙!イ・スンギ他『韓流T.O.P』2016年5月号 3月16日発売!
2015/05/20 チョン・ウソン来日!シネマナイトイベント6月7日東京にて開催!
2015/01/19 映画「監視者たち」で2PMジュノとチョン・ウソンが着用した劇中衣装展示!