チュウォン来日「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」DVDリリース記念イベント

※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。

チュウォン、シム・ウンギョン出演!「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」Blu-ray&DVDリリース記念イベント詳細レポート

イベント概要
開催
2015年5月29日 
会場
東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
ゲスト
チュウォン、シム・ウンギョン MC:Yumi
mixiチェック

「ネイル役はウンギョンしかいない」「チュウォンさんのファンかも♥」息がピッタリの二人

日本でもドラマ化された超大ヒット少女マンガ『のだめカンタービレ』が、韓国で『のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ』というタイトルでドラマ化された。7月1日のBlu-ray&DVDがリリースを記念して5月29日、イベントを開催。オレ様天才音大生ユジン(千秋)役のチュウォン、ヒロインのネイル(のだめ)役のシム・ウンギョンが揃って出演し、ドラマの魅力、そして自身の魅力をたっぷりと披露。日本のファンと楽しいひとときを過ごした。[青文字:チュウォン ピンク文字:シム・ウンギョン

この日のために結成された「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」スペシャルオーケストラが『オペラ[椿姫]‘祝福の歌’(ヴェルディ)』を奏でる中、シックなブラックスーツ姿のチュウォンと鮮やかなグリーンのセットアップに身を包んだシム・ウンギョンが両袖から登場。イベントは、ドラマにふさわしい個性的なスタートを切った。「こんにちは。お元気ですか?私はユジン先輩(笑)、チュウォンです」「皆さん、こんにちは。ソル・ネイルを演じたシム・ウンギョンです。今日はよろしくお願いします。楽しんでくださ~い」と二人とも日本語で挨拶をしてトークコーナーがスタート。

画像

「来日するたびに皆さんが温かく迎えてくださるので、本当に嬉しいです。そして、ドラマのプロモーションで来日できて本当に嬉しいです」「私はデビューしてから初めての、ファンミーティングのようなイベントになるのですが…チュウォン:イエ~!!)大好きな日本でこのようなイベントができて本当に嬉しいです」。喜びの声とともに今の気分を語ると、客席から大きな拍手が送られた。

『のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ』の日本でのBlu-ray&DVDリリースを受け、「日本で有名な原作の作品に僕が出演した理由のひとつに、日本のファンの皆さんに見て欲しいという気持ちがありました」とチュウォン。ウンギョンはこのイベントに出演したことで日本リリースの実感が湧いたと明かし、「うまく演じられたかな?という思いが頭の中をよぎっていますが、これは韓国で新しく生まれ変わったドラマですので楽しんでご覧いただきたいと思います」と語った。

画像

ドラマの映像を観ながらのトークタイム。まずは、「ピアノはほとんど弾けず、コードが少し分かるくらい」というチュウォンと、「心血を注いで撮影に臨んだ」というウンギョンのピアノ演奏シーン。続いて、チュウォンがお気に入りという、ユジンが劇中で初めて指揮をし、Sオーケストラが初めて観衆の前で演奏を行ったシーンが映し出された。練習期間を聞かれたチュウォンが「6ヶ月くらい練習しました。指揮だけではなく、バイオリンとピアノの練習も6ヶ月くらいした上で撮影に臨みました」と話すとMCが、前日の記者会見でドラマのプロデューサーが、チュウォンに指揮を教えた先生が「3年間教えてきた学生よりもうまい」と語っていたことを伝えた。ウンギョンも「韓国で有名な指揮者、チョン・ミョンフン先生と似ているような気がします。これは本心です」と絶賛。チュウォンは「正確にリズムを刻める、爽やかな指揮をしたいと思いました」と演技を振り返った。

画像

次は、チュウォンが難しかったという、着ぐるみ姿のネイルが登場するユジンのピアノ演奏シーン。「このシーンは急につけ加えられたので、事前に練習をしないで撮影をしなければならなかったんです。また、ネイルに僕がピアノを弾く姿を見て『私もピアノを弾きたくなった』と思ってもらわなければならないシーンでした。そして、もうひとつのオーケストラが『マンボ』という曲を弾いていましたが、僕としては『ユジンのほうがうまい』と言われたい気持ちで弾いていました」と、難しかった理由を語った。

最後は、着ぐるみを着たネイルのソロでスタートする、先ほどのユジンのピアノ演奏とは対照的な、オーケストラが『マンボ』を飛びきり明るく演奏するシーン。このシーンで披露しているダンスについて、ウンギョンは「決められた振り付けではなくフリーダンスです。たくさん練習ができない中、オーケストラ役の皆さんと話し合って本当に楽しく撮影ができました。みんなで心をひとつにして撮影をしていたら、自分でも気づかないうちにノリノリになって踊りました。本当に楽しく撮影できたシーンのひとつです」。一方、劇中、恐い表情でネイルたちを見ていたユジンだが、チュウォンは「このとき僕はとても寂しい時期でした。みんなが他のところに行ってしまって、一人ぼっちという状況だったのです。撮影も一人のときが多くて、他のメンバーはみんなで一緒に『マンボ』の練習をしている中、僕だけそこを抜けて一人で撮影をするという状況でした」と、撮影時の対照的な環境を語った。

今作が初共演だった二人。お互いの印象を聞かれると、「もともと好感を持っていました。そして、いつか共演したいと思っていたのですが、この作品でご一緒できて本当に嬉しく思っています。チュウォンさんの印象は、重みのある俳優さん。そして優しい俳優さんという感じです。そして、歌も本当に上手です。チュウォンさんの歌は最高です。休み時間などに鼻歌を歌っている姿をよく見ました。優しいところがあり、ジェントルなところがあり、でもその反面、実は茶目っ気もたっぷりあります。私のことをつねったり、つついたりとイタズラをよくされていたのですが、そういう姿を見て、ファンの皆さんはだからチュウォンさんの魅力にハマるのだと思いました。私もファンになれそうだなと思ったんです。いえ、もう既にファンかもしれませんね(笑)」とウンギョン。

画像

チュウォンも「皆さん既にご存知かもしれませんが、僕が先にキャスティングされて、僕のほうから『ウンギョンさんがいい』と申し上げたのです。ネイル役で真っ先に頭に浮かんだのがウンギョンさんで、それから誰も頭に浮かびませんでした。ドラマが終わってからも『やはり、この役はウンギョンさんしかできなかった』と思います。本当に大変な役だと思いますが、しっかりと役作りをしていたと思います。本当に一生懸命役にネイルになりきって、しっかりとやり遂げたと思います。この年齢でこのような演技ができる女優は、韓国には他にはいないと思います」絶賛しあう二人に、良い作品を生み出した理由が垣間見えた。

ここで、再びスペシャルオーケストラが登場すると、第12話のヴィオラのオーディションシーンで演奏される『リベルタンゴ』を披露。迫力の演奏を聴かせてくれた。次は、抽選で選ばれた6人の観客をステージに上げ、ユジンチームとネイルチームに分かれてのドラマの名シーンクイズに。

1問目は“強制的にネイルの髪の毛を洗うユジンが、髪の毛を乾かすときに言った言葉は?”。全員“犬の毛を乾かしている気分だ”と回答し正解。2問目“熱を出して倒れていたネイルにユジンがしたことは?”→おんぶした。映像を観ながらチュウォンが「実は、このとき本当に寝ていました」と明かした3問目は、“家の前で酔っ払ったユジンを見つけたネイル。起こそうと揺さぶるが起きないユジンに、最後にネイルがしたことは?”→頭をなでる。どちらのチームも全員が全問正解をし、全員にポスターとハグがプレゼントされた。また、最後の問題となった頭をなでるシーンを二人がその場で再現し、会場を沸かせた

画像

続いて、歌のコーナー。映画『怪しい彼女』でも美声を披露したウンギョンがセレクトしたのは、『Tears』(XJAPN)。そのやわらかい雰囲気とは裏腹の力強い歌声でしっかりと歌い上げた。ここで、バースデーソングが流れ、チュウォンがケーキを運びながら登場。2日後の5月31日に21歳(韓国では22歳)の誕生日を迎えるウンギョンを、会場全体で祝った。観客とチュウォンに「お誕生日おめでとう!」と声をかけられたウンギョンは、初体験というサプライズに「本当にビックリしました。こんなふうに祝っていただいて、未熟な私をこんなふうに愛してくださって、本当にありがとうございます。感動しています」「(日本語で)本当に嬉しいです!」とコメント。心から喜んでいる様子だった。次いで、チュウォンが『バタフライエフェクト』(シン・スンフン)を透明感のある声で歌い、観客をうっとりさせていた。

フォトタイム、客席をバックに記念撮影を終えると、イベントも終盤となり二人の挨拶。「今日はとても意義深くて幸せな時間を過ごすことができました。皆さんとご一緒でき、本当に幸せでした。これからも頑張っていい演技を皆さんにお見せしたいと心に誓いました。また日本に来て、皆さんにご挨拶したいです」「久しぶりに日本に来て皆さんにお会いできて、本当に嬉しかったです。今回はウンギョンと一緒にドラマを持って来たので、なおさら新鮮な気持ちで楽しかったです。皆さんにとっても、今日のこの時間がいい時間になってくれたら嬉しいです」とコメントしたチュウォンは鹿児島の災害に触れ、人柄が感じられる温かいメッセージをつけ加えた。

画像

ウンギョンも客席で見守る中、初体験というオーケストラ演奏でドラマのOST『イノセント』をしっとりと歌い上げたチュウォン。ラストは客席のウンギョンをエスコートしてステージに導き、イベントのフィナーレへ。「『のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ』にたくさんの愛をお願いします。ウンギョンも皆さんの後押しがあれば韓国でドラマに頻繁に出て、また日本の皆さんとお会いできると思います。そして、僕のこともたくさん愛してくださいね。どうもありがとうございました」「今日は本当に楽しい時間を過ごすことができました。チュウォンさんも最近『あいつだ』というスリラー映画を撮影しました。今までの、とても優しくてジェントルな姿とはガラリと違った、演技の変身をしていると聞いていますので楽しみにしていてください。そして私も『あなたを待ちながら』という映画が夏に公開されることになっています。こちらも、皆さんが声援を送ってくださったら日本でも公開していただけるのではないかと思います。『怪しい彼女』のときのように、こちらにも愛をお願いしたいと思います。これからも一生懸命頑張ります。ありがとうございました」

温かい拍手と歓声を送る客席に深々とお辞儀をして、手を振りながら「アンニョ~ン」「バイバイ」と挨拶をして退場した二人。終演後は参加者全員をお見送りするだけでなく、抽選で選ばれた50人の観客とはハイタッチも交わし、特別な時間を共有した。

【レポート】イベント前日に行われた、チュウォン、シム・ウンギョン登壇記者会見の模様

7月よりセル&レンタル開始『のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ』Blu-ray&DVD情報

チュウォン プロフィール
mixiチェック
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

関連記事

チ・チャンウク映画デビュー作『操作され…

空白の3分16秒。仕組まれた殺人。俺は一体、何をした―!

『猟奇的な彼女(原題)』

チュウォン、イ・ジョンシン(CNBLUE)あの伝説的大ヒット映画…

2016 SBS演技大賞~韓国から生中継

今年の韓流の顔、総決算を3夜連続で放送!!

ヨンパリ(原題)

チュウォン&キム・テヒ主演 サスペンス・ラブストーリー。長い…

2016/12/26 チュウォン来日!入隊前ラストイベント1月、大阪・東京にて開催!握手会などあり
2016/06/17 ユン・シユン×チュウォン「製パン王キム・タック」Dlifeで6/22より放送
2016/06/07 キム・テヒ&チュウォン「ヨンパリ」9/2よりセル&レンタルDVDリリース!
2016/02/10 「2015 SBS歌謡大祭典」「2015 SBS演技大賞」字幕完全版 2/11(木・祝)放送!
2016/01/26 チュウォン来日!ファンミーティング&ディナーショー3月大阪にて開催!