ZE:Aメンバー5人によるライブ「ZE:A[Five Show]」@TSUTAYA O-WEST

※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。

ケビン、テホン、ヒチョル、ミヌ、ドンジュンによる来日ライブ「ZE:A[Five Show]」1部公演の模様

イベント概要
開催
2014年11月15日
会場
東京・O-WEST
出演
ZE:A(ケビン、テホン、ヒチョル、ミヌ、ドンジュン) MC:Yumi
mixiチェック

来年1月に新ユニット「ZE:A J」としてCDリリース! ZE:Aバレンタインライブ開催!

個人活動が活発なボーイズグループZE:A(ゼア)よりケビン、テホン、ヒチョル、ミヌ、ドンジュンが、来日ライブ[FIVE SHOW]を昼夜2回開催。来年1月にこの5人のメンバーによる新ユニット「ZE:A J」としてのCDリリースと、2月にはZE:Aによる東京・大阪ライブの開催が発表された。

大歓声の中、ヒット曲『後遺症』の 5人バージョンでライブがスタート。ミヌの「みなさんお久しぶりです。では挨拶をします」に続き、「こんにちは。僕たちはZE:Aです」と全員で声を揃えたメンバー。「みなさん、お久しぶりで~す(ヒチョル)」「お元気でしたか?(ミヌ)」、ケガで8月のファンミーティングを欠席したテホンは「みなさん、本当にお久しぶりです。心配かけて本当にごめんなさい。僕はもう大丈夫です。心配してくれて本当にありがとうございます。これからもっと頑張ります。ありがとうございます!」とファンへ頭を下げた。ミヌが「今回のライブはたくさん準備して…」まで話すと、寂しそうに「僕は…」と呟くドンジュン。すると「最近ドンジュン君は韓国で忙しいです。ドラマとミュージカル準備とたくさんありますから」とミヌが近況を紹介。ファンとメンバーが大笑いする中でケビンが「ごめんね。次、僕のステージが…」促し、さらに笑いを誘った。

画像

次のステージは「今からスペシャルなステージがたくさんあります。それで皆さん楽しんでください。次の曲は僕のラジオ『HOT BEAT』で歌った曲です」というケビンのソロステージ、甘いバラードの英語曲『Sorry』を切なく歌胃上げた。続いて嬉しそうに登場したテホンは、ファンへ両手を振りながら「みなさん、本当に会いたかったです!」と叫ぶとトロット(韓国の演歌)曲から『シャバンシャバン』を韓国語と日本語で披露した。途中の歌詞「シャバンシャバン」を一緒に歌うように促したり、「ZE:A’sはシャバンシャバン(キラキラ)」と替え歌にするなど本当に楽しんでいる様子が伺えた。続くヒチョルは自身が作詞作曲した『ing』を歌い、最後は4人のメンバーも合流。続くMCタイムではケビンがソロステージで踊ったセクシーダンスをヒチョルが真似し、ミヌが「最近、韓国で練習している」と明かした。

画像

また「演歌(トロット)が本当に好きです!」というテホンをケビンが指差し「未来の演歌オヤジ!」とアピールして笑いを誘った。ミヌが活動していた日韓ユニット3peace☆Loversでよく遊んでいたという「トイレットペーパー巻取り」ゲームのコーナーでは、体を使ったじゃんけんで、テホンを不戦勝者に決め、ケビンvsドンジュン、ミヌvsヒチョル、ケビンvsヒチョルが対決。決勝はケビンvsテホンが対戦。単純なゲームだが、メンバーは全員大興奮となり、見ていたファンは大爆笑となった。最後はケビンが優勝し「罰ゲームは、あとで『ONE』を歌いますが、歌の途中でファンの皆さんのためにサインを書いて差し上げます。5人にです! 罰ゲームはドンジュン!」と発表すると「え? 僕!」とドンジュンの驚く顔にファンは再び大爆笑となった。

画像

事前告知として、本ライブにて重大発表があることが予告されていたこの日。ノリのいいダンスナンバー、新曲『ルーレット』を初披露した後で「僕が作詞・作曲しました(ケビン)」「今回のシングルは僕たちが作詞・作曲しました。ドンジュさんの曲も、今日…(と日本語に続き)お聴かせしたいと思います(ミヌ)」と告げた。次いで、MCが来年1月からこの5人で日本活動をすることが発表。ミヌが改めて「僕たちは、来年ZE:A J(ゼア ジェイ)で1月21日にシングル『ルーレット』を発表します!」と語ると、ファンから「おめでとう!」と声がかかる。なお、「ZE:A J」のJは“JAPAN”や“JOY”の頭文字をとっている。

また、テホンが「日本のドラマをたくさん見ました」と日本語がかなり上達した事に触れ、ミヌとテホンがブログ「ZE:A JAPAN OFFICIAL BLOG」をスタートする事も発表された。続いて、ケビンが「来年、バレンタインをZE:As JAPANのみなさんと一緒に過ごしたいと思います。2月12日渋谷公会堂、2月14日大阪NHKホールでコンサートします」と、ZE:Aのみんなでのイベント開催を告げるとファンは大歓声となり、さらにメンバーもはしゃいでステージ上も大盛り上がりに。最後にドンジュンが「みなさん、来年バレンタインデーに会いましょう」とにっこり笑顔を見せた。

後半のソロステージはミヌからスタート。以前ラジオで歌い、評判が良かったというバラード曲『I’m in love』を椅子に座りながら歌うと、ミヌと入れ替わりにドンジュンが登場。「ミヌさんの声を僕は本当に好きです」とうなずきながら話し、11月28日から上演されるミュージカル『All Shook Up』のナンバー『I Don’t want』を生ピアノでバラード調にアレンジし、K-POPとはまた違う声量ある歌声を披露した。歌い終え大きな拍手に照れ笑いを浮かべたドンジュンは、いきなりピアノの前に移動し「僕が努力します」と弾き語りを始めたが、ステージに姿を見せたメンバーから「うるさい!うるさい!」とまるで、漫才のようなツッコミが入り、再び会場は笑いに包まれた。ここで、もう1つ発表が残っていると告げたものの「僕たちの“ミハッピョウピョク”“ミハッピョウキャク”? 歌います。ミハッピョウピョク”あれ?」とうまく言えないヒチョルを、MCが「未発表曲を歌うんですよね」とフォロー。

画像

しかし、どうしても「未発表曲」と言いたいヒチョルが何度も言い直していると、他のメンバーもつられて争うように発音…と止まらなくなってしまったメンバーに、ファンも大爆笑となった。場が落ち着いたところで、「名前は『BAD MALE』です。ドンジュン君の作詞作曲です」と紹介し、1月に発売するシングル『ルーレット』に収録される『BAD MALE』で美しいハーモニーを聴かせてくれた。続く、爽やかなナンバー『ONE~Japanese Version for ZE:A’s~』では、先ほど罰ゲームを指名されたドンジュンが、マイクスタンドを利用して歌いながら色紙にサイン。しかし、メインボーカルでもあるドンジュンは、なかなかサインを書くことが出来ない。さらに、マイクを低くしたり高くしたりとイタズラをするメンバーもいてファンを楽しませたが、ドンジュンは、最後はマイクの前から離れ持ち前の声量を生かして生声に切り替え、その歌声に客席が沸いた。

画像

アンコールは、『ルーレット』収録曲。リーダーのジュンヨンが作詞・作曲をしたミディアム・テンポのナンバー『With you』を聴かせ、最後に「これで終わりです。ZE:As JAPANの皆さんにこれからかっこいい姿を見せるために、これから頑張りますので僕たちZE:A J も、ZE:Aも応援よろしくお願いします(ミヌ)」「来年はZE:A Jの『ルーレット』発売と、ZE:Aのコンサートがあります。ぜひ、来てください(ヒチョル)」「皆さん、以上僕たちは(ケビン)」「JE:A Jでした(全員)」と挨拶し、大盛況の中ライブは終了した。ライブの後は、ファンクラブ会員全員とのハイタッチ会に続き、抽選で選ばれたラッキーなファンと撮影会も行い、ファンとの触れ合いを楽しんだ。

画像

いつも元気一杯のZE:Aだが、この日のライブではいつも以上に元気で自由な姿でファンを楽しませていた。また、ほとんどのMCを日本語で行ったメンバー。最近は個人活動が活発なため、日本での活動が難しいと思われていたZE:Aだったが、2015年はZE:A Jの活躍、そしてZE:Aの来日コンサートに期待したい。なお、ほっとコリアでは「ZE:A[Five Show]」の前日に、ZE:A Jメンバーにインタビューを行った。インタビュー記事は近日公開!

日本限定ユニットZE:A J 1stシングル『ルーレット』情報

[ZE:As Japan]ZEA JAPAN OFFICIAL FANCLUB(現在リニューアル中)⇒ http://www.zea-japan-fc.com
ZE:A JAPAN OFFICIAL BLOG ⇒ http://ameblo.jp/zeajapan/
ZE:A JAPAN OFFICIAL Twitter ⇒ @zea_japan

協力:JAKOL CORPORAITON / Photo:ユ テヒョン / Hair&Make:大山幸子、八木基徳(spin) / Styling:ジョン アル

<セットリスト>
01.後遺症 5人ver.
02.Sorry(Ciara)/ ケビン
03.シャバンシャバン(パクヒョンビン)/ テホン
04.ing / ヒチョル
05.ルーレット
06.I’m in Love(RaD)/ ミヌ
07.I Don’t want(ミュージカル『All Shook Up』より)/ ドンジュン
08.BAD MALE
09.ONE~Japanese Version for ZE:A’s~
10.With you
ZE:A(ゼア) プロフィール&メンバー紹介
mixiチェック
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

関連記事

ジャングルの法則

キム・ビョンマン率いる芸能人軍団が、ジャングルでサバイバル生…

ソル・ギョング×イム・シワン『名もなき野…

ソル・ギョング主演、イム・シワン出演のカンヌ話題作『名もな…

輝け、ウンス(原題)

キム・ドンジュン(ZE:A)主演!ハートフル ホームドラマ!

花郎(ファラン)

パク・ソジュン、パク・ヒョンシク、SHINeeミンホ、防弾少年団V…

2018/05/18 キム・ドンジュン来日、初の日本単独ファンミ9月東京にて開催!握手会あり
2016/07/07 ソ・ガンジュンが表紙!防弾少年団、XIA他『韓流T.O.P』2016年9月号 7月16日発売!
2016/06/14 「家族なのにどうして~ボクらの恋日記~」LaLa TVで6/16より放送!
2016/05/14 ZE:Aジュンヨン、5/28ZE:After(イフ)として日本ソロデビュー!リリイベ開催
2016/03/07 パク・ヒョンシク(ZE:A)他出演「上流社会」6月3日よりセル&レンタルDVDリリース!