ヨ・ジング来日ファンミーティング@パシフィコ横浜 国立大ホール

※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。

「ヨ・ジング JAPAN Firstファンミーティング」の模様!

イベント概要
開催
2013年8月9日
会場
パシフィコ横浜 国立大ホール
出演
ヨ・ジング MC:Yumi
mixiチェック

感動の涙に包まれた初めてのファンミ!

天才子役として大きな注目を集め、『太陽を抱く月』の主人公イ・フォン(幼少役)や、JYJのユチョン出演の話題作『ポゴシッタ』の主人公ハン・ジョンウ(幼少役)でブレイクした人気俳優ヨ・ジングが、初となるファンミーティング「ヨ・ジング JAPAN Firstファンミーティング」を開催した。

会場のファンから「ハナ・ドゥル・セッ、ジングシー!」のかけ声がかかると、ヨ・ジングは日本語で「聞いてください」と言いながらステージに登場。『太陽を抱く月』のテーマソングを見事な歌唱力で歌い上げた。歌い終わると、1ヶ月も練習したという日本語で「こんにちは、いや、こんばんは。ヨ・ジングです。お会いできて、本当に本当に嬉しいです。とても緊張しています。でも、がんばります」と挨拶。「『太陽を抱く月』は、みなさんがたくさん愛してくれたドラマなので、曲を練習しました」と語るなど、その後も、一生懸命日本語でトークを続けるヨ・ジングからは、今回のステージに対する意気込みが伝わってきた。

画像

韓国の年齢で17歳(日本の15歳)、今は高校1年生だというヨ・ジング。「僕のお母さんは38歳です」との発言に、会場は異様などよめきに包まれた。スクリーンに映し出された子どもの頃の写真を見て、「子どものときは、静かな子でした。今も同じです」とコメント。『サッド・ムービー』や『ジャイアント』、『いかさま師 タチャ』など、出演作の名シーンが流されたあとは、演技についてのトークへ。俳優の道へ進むことになった経緯について、「僕が子どものとき、テレビを見ていて、お母さんに『僕もテレビに出たい』と言ったんです。母は『テレビ? うーん、ちょっといいですね』と言いました」と意外なエピソードを披露。初めての演技については「だいぶ幼かったので、ほとんど記憶がないです。そのころの僕は、現場に撮影に行くというよりは、遊びに行くという気分でした」と告白した。

画像

続く『頭の中をのぞいちゃおう』のコーナーでは、さまざまなキーワードについてのトークが繰り広げられた。まず、「演技」に関しては、「見てくださる人に、僕の役どころや僕が演じる人物の気持ちを、みなさんに正確に伝えたいなと思っています」とプロの役者の顔を覗かせたヨ・ジング。「おこづかい」については、「お母さんにちょうだいと言って貰っています」と、高校生らしいコメント。「学校」に関して問われると、「行ってますよ~」と笑顔を見せたものの、「仕事で忙しくてというより、普通に朝寝坊して遅刻することが多いです。校門のところに生活指導の先生が立っていて『ジングくん、また遅刻だね』と言われます(笑)」と明かした。「勉強」については「学生だから勉強はしてますよ。好きな科目は音楽」と語り、「勉強ができない子に限って、音楽や体育が得意だと言う」との突っ込みには、「そんなことないですよ~。英語も好きです」と返していた。

ここで日韓の女優・タレントの中から、ヨ・ジングの好きなタイプの女性を選ぶコーナーがスタート。4人の中からひとりの女性を選ぶ対戦(?)を3ラウンド行ない、勝ち残った3人から最終的に好きなタイプのひとりが選ばれるというもの。恋について質問され、「初恋はまだありません。本当です。これから探します」「よく笑う女性が好きです」と答えたヨ・ジングが選ぶ女性は……。

第1ラウンドは、キム・ユジョン、新垣結衣、綾瀬はるか、ハン・ガインの写真が表示され、ジングは新垣結衣をチョイス。理由は「笑顔が好き」とのこと。第2ラウンドの川口春奈、チンジヒ、能年玲奈、キム・ソヒョンの中では、「優しいです。笑顔もいいです」とのことでキム・ソヒョンが選ばれた。最後は、ユン・ウネ、蒼井優、スジ、そしてなぜかMCのYumiというラインナップ。ここはYumiが選ばれ、会場は大いに盛り上がった。そして、最終決戦は新垣結衣、キム・ソヒョン、Yumiの対決に。「まず最初に落とすのは誰?」と問われたヨ・ジングは申し訳なさそうにYumiを選び、その理由について「すみません、歳が……うん、歳、歳です」と、たどたどしい日本語でコメントすると、会場は大爆笑に包まれた。最終的に、この中では新垣結衣が一番のタイプということになり、「どんなデートをしたい?」と問われたヨ・ジングは「散歩がしたいです」と告白。「手を繋ぐの? 腕を組むの?」と問われると「……わからないです」とはにかんだ笑顔を見せ、観客を魅了していた。このあと、この日のために練習を重ねたというダンスを披露。バックダンサーを従え、キレのあるパフォーマンスで会場を湧かせた。

画像

そして、水色のチェックのシャツにブルーのパンツ姿に着替えたヨ・ジングがステージに再登場し、ゲーム&プレゼントコーナーへ。ゲームは、サッカーボールを蹴ってゴールに入れるサッカーゲームと、矢を投げて離れたカゴや壺に入れる韓国の伝統的な遊び「トゥホ」の2種類。ヨ・ジングがチャレンジし、成功した数と同じ人数に賞品をプレゼントできるという趣向だ。プレゼントは、ヨ・ジング自身が顔を描いた陶器の人形、ポップアート風自画像、その自画像をプリントしたTシャツ、クマのぬいぐるみなど、それぞれ2セットが用意された。

画像

サッカーゲームでは、3シュート中、2本をゴール。「トゥホ」では、投げた5本の矢のうち、なんと4本をカゴに入れる腕前を見せ、会場からは大歓声が上がった。リハーサルではさんざんな結果に終っていたそうで、成功するたびに「練習しました!」とテンションが高まるヨ・ジングだったが、パーフェクトではなかったとの理由で、罰ゲームとしてワサビ入りシュークリームを食べる事態に……。ただし、用意された4個のうちワサビ入りはひとつだけ。意を決して選んだシュークリームにかぶりついたヨ・ジングは、「うまいです」と笑顔を見せた次の瞬間、涙目になって咳き込むと、「ワサビはダメ、ワサビはダメ」と悶絶の表情に。バラエティー番組のような見事な展開に、会場は大きな笑いに包まれた。結局、ゲームの結果に関わらず、用意されたプレゼントすべてが選ばれた10名に渡された。

ゲーム&プレゼントコーナーが終ると、今度はヨ・ジングへのサプライズプレゼントが披露された。8月13日に迎えるヨ・ジングの誕生日を祝うバースデーケーキが登場。「ありがとうございます。ホントにありがとうございます」と感激したヨ・ジングは、「(韓国語で)こんなに多くの人に祝っていただいて、本当にありがとうございます。最初は緊張していて、いいパフォーマンスができなかったんですが、このように素敵なケーキを用意してくれてありがとうございます。みなさんにとって、忘れられない思い出になってくれれば嬉しいです。僕も一生忘れません。ありがとうございました」と感謝の気持ちを言葉にした。ここで、「先ほどのプレゼントを渡すとき、ハグできなかった方がいました。今、ハグをしましょう」と言い始めたヨ・ジング。高校生とは思えない細やかな心配りに、会場から温かい拍手が送られた。

初めてのファンミーティングも終盤に差しかかり、「今の気持ちは?」と問われたヨ・ジングは、会場のファンへお礼の言葉を贈った。

「(韓国語で)たくさん応援していただいて、関心を寄せていただいて、とても励みになります。ありがとうございました。みなさんに温かく迎えていただいて、僕は本当に楽しめました。お祝いもしていただきありがとうございました。そして、みなさんとお別れすることが残念です。韓国に戻ったら、演技もがんばりたいですし、本業である学業もがんばります。みなさん愛してます」

ここで福山雅治の『家族になろうよ』を歌い上げたヨ・ジング。最後に、ひと言ひと言に心を込め、自らしたためた手紙を日本語で読み上げた。

画像

「日本のファンのみなさん、みなさんのヨ・ジングです。日本のファンのみなさんに初めて書く手紙なので、緊張してドキドキしています。日本のファンのみなさんにお会いすることを初めて聞いたときは、本当に嬉しかったです。でも、『ファンミーティングのときに僕はうまくできるかな?』と、とっても不安にもなりました。でも、そんな心配も日本のファンのみなさんに会うことを考え、日本語を勉強して、歌とダンスの練習をしたら、心配や不安じゃなく、日本のみなさんに会ったらどんな気持ちになるのかなという、ドキドキした気持ちに変わりました。そして、今日みなさんと会って楽しい時間を過ごしたら、なんでこんなに速く時間が経ってしまったのか、もっとカッコイイ僕を見せたかったのにと、ちょっと残念で寂しいです(笑)。でも、次に会うときはもっとパワーアップしたヨ・ジングをお見せできるようにがんばります。僕と一緒に過ごした今日一日どうでしたか? いい思い出になりましたか? 誕生日も祝っていただいてありがとうございました。今日という日を忘れません。みなさんも、僕と過ごしたこの時間を忘れないでください。韓国に戻ったら新しい作品の準備と、映画の公開があるので、また忙しくなると思います。ときどき忙しくて疲れたとき、今日このような愛を感じさせてくださったみなさんを思い出しながら、一生懸命がんばります。これからも韓国と日本で素敵な姿をお見せします。次も僕に会いに来てくれますよね? 次も笑顔で会いましょう。今日は忘れられない思い出を作ってくださって、本当にありがとうございました。これからもたくさん応援をお願いします。みなさん、本当に愛しています。2013年8月9日。ヨ・ジング」

涙を浮かべ、感極まって声を詰まらせるヨ・ジングに、会場からは大きな歓声と拍手が送られ続ける。

「(韓国語で)今日は僕のために来てくださって、本当にありがとうございました。俳優としてみなさまに素晴らしい演技を届けていきたいと思います。関心を寄せていただいて本当にありがとうございました。みなさんのことは忘れません。本当にありがとうございました」

大歓声の中、最後に「(日本語で)今日、この日のことを忘れないでください。愛しています。ありがとうございます」と言いながら笑顔で手を振り、ステージをあとにしたヨ・ジング。ファンはもちろん、ヨ・ジング自身も一生忘れられない、感動のファーストファンミーティングとなった。

今後、映画『ファイ』、ドラマ『サツマイモのようなジャガイモ星2013QR3』(仮題)と、新作が目白押しのヨ・ジング。益々の成長に期待だ!

ヨ・ジング日本公式サイト:http://www.yeojingoo.jp/

ヨ・ジング プロフィール
mixiチェック
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

関連記事

王になった男(原題)

ヨ・ジング主演!王の影武者となった男の数奇な人生と宮中に渦巻…

現地で食べてくれるかな?

SHINHWAミヌ、ヨ・ジングらがタイ現地でキッチンカー運営に挑戦!

キム・ユンソク×ハ・ジョンウ『1987、ある…

キム・ユンソク×ハ・ジョンウ7年ぶりの共演!知られざる韓国民…

再会した世界(原題)

ヨ・ジング × イ・ヨニ主演。時を超えて結びつくファンタジー・…

2017/02/20 チャン・グンソク×ヨ・ジング「テバク~運命の瞬間~日本スペシャル版」Mnetで放送!
2016/08/09 ヨ・ジング来日ファンミーティング10/23品川にて開催!ファンクラブ新規申込受付中
2016/03/01 チャン・グンソク主演最新作『テバク』(原題)KNTVにて5月日本初放送決定!
2015/10/30 韓国優秀商品展Mnetブース&ステージにNU'EST、ヨ・ジング、CODE-V登場!
2015/09/29 ヨ・ジング、CNBLUEイ・ジョンヒョン他「オレンジ・マーマレード」1話先行試写会