カン・ドンウォン&ソン・ヘギョ、映画「ドキドキ私の人生」マスコミ試写会に参加!

画像
Copyrights(C) Jpictures Syndicate
mixiチェック

カン・ドンウォンとソン・ヘギョが、ソウルCGV 往十里(ワンシムニ)で開かれた映画「ドキドキ私の人生」のマスコミ試写会に参加した。作家キム・エランの同名ベストセラーを映画化した「ドキドキ私の人生」は、身体年齢80歳で親より早く年を取っていく先天性早老症にかかった16歳の息子と33歳の若い親テス(カン・ドンウォン)、ミラ(ソン・ヘギョ)の話を描いており、韓国で9月3日に公開される。

マスコミ試写会でカン・ドンウォンは、初めて父親のキャラクターを演技した感想を打ち明けた。「映画を撮りながら個人的に多くのことを考えた。とても久しぶりに地に足をつけているキャラクターを引き受け、表現するのが面白かった」と話し、「実際に親になると想像して演技をした。現実的なキャラクターなので演じるのは難しくないと思ったが、実際は難しかった。息子として33年を過ごしてきたが親として過ごしたことはなく、感情表現が難しかった」と明かした。また、「映画を撮りながら家族と言うものは何か?青春と言うものは何か?など、10代、20代についていろいろと考えた。そしてもし自分が父親になったら情けないテスのようになる気がする」と笑った。

一方、ソン・ヘギョは初の母親役で母性愛を演技した感想を打ち明けた。「実の母親とは幼い時から友達のように過ごした。この映画を撮りながら実の母親のことを沢山思い出した。ミラのキャラクター自体が息子と友達のような母親なので、普段の実の母親の姿が演じるにあたって助けになった」と話した。ソン・ヘギョは劇中、17歳で妊娠して子供を生んだ33歳の母親ミラを演じた。学生時代に歌手を夢見た伝説の姫だったが、姙娠によって学校も夢もあきらめた人物。ソン・ヘギョは「これまで忙しくて、家族に対する思いやりが足りなかった。今回、ミラのキャラクターを演じながら家族と実の母親についてたくさん考えた」と付け加えた。

関連記事

キム・ユンソク×ハ・ジョンウ『1987、ある…

キム・ユンソク×ハ・ジョンウ7年ぶりの共演!知られざる韓国民…

イ・ビョンホン×カン・ドンウォン×キム・…

実話をもとに韓国犯罪史上最大の金融投資詐欺事件の全貌を暴く…

キム・ユンソク×カン・ドンウォン、ユ・ス…

『奇跡のピアノ』『プリースト 悪魔を葬る者』『朝鮮魔術師』公…

ファン・ジョンミン×カン・ドンウォン『華…

韓国で2月に公開されるやいなや観客動員数970万人を突破した大…

2017/01/07 ジェジュン(JYJ)が表紙!XIAジュンス他『韓流T.O.P』2017年3月号 1月16日発売
2016/04/12 ドラマ『太陽の末裔』サントラ第2弾にJYJのXIA(ジュンス)参加!ブックレット付き
2016/01/04 チャン・グンソクが表紙!ヒョンビン他『韓流T.O.P』2016年3月号 1月16日発売!
2015/11/04 JYJジェジュン主演『天国への郵便配達人』ほかLaLa TVにて11月放送!
2015/09/18 「オレのことスキでしょ。」「イルジメ」他名作13作品DVDが5,000円+税で発売!