ユンホ(東方神起)出演!『国際市場で逢いましょう』5月16日より全国ロードショー!

画像
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved. 
mixiチェック
ファン・ジョンミン主演&東方神起ユンホ本格スクリーンデビュー!
激動の韓国を、ただ家族のために必死に生き抜き、いつも笑っていたおやじの姿―
朝鮮戦争から現代まで、一人の男の波乱に満ちた生涯を描いた一大叙事詩。

韓国ですでに観客動員数1200万人を突破(韓国映画史上7作目)の大ヒット作、ユン・ジェギュン監督最新作『国際市場(原題)』の邦題が『国際市場で逢いましょう』 に決定し、5月16日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほかで公開される。(※観客動員数および歴代成績は、2月12日現在)

本作は、釜山の“国際市場”を重要な舞台の背景に、朝鮮戦争の興南撤収作戦、西ドイツ派遣、そしてベトナム戦争など激動の歴史を通して、家族のために生きた一人の男の生涯を描いた大河ドラマだ。戦後の復興で貧しいながらも一生懸命生きる人々の姿や、喧嘩しながらも仲の良い家族団らんの風景など日本人にも昔懐かしく、共感できる。そして、朝鮮戦争で離散した家族を探す場面では、日本の中国残留孤児の問題とも重なり涙を誘う。

主人公ドクス役を演じるのは、『ユア・マイ・サンシャイン』『新しき世界』などで演技派として高い評価を得ているファン・ジョンミン。青年時代から老齢まで、時代に翻弄されながらも、愛する家族を守るため愚直なほど懸命に生きる男を見事に演じている。また、ドラマ「LOST」などハリウッドでも活躍する女優キム・ユンジンがドクスの妻ヨンジャ役を演じるほか、オ・ダルス、チョン・ジニョン、チャン・ヨンナムなど実力派俳優が脇を固め、最強のアンサンブルを見せている。

そして、本作で東方神起のユンホが本格的にスクリーンデビューを果たし話題を呼んでいる。ユンホはベトナム戦争に参加した実在する有名な歌手ナム・ジン役を演じ、迷彩服に身を包み今までにない役柄に挑戦。監督も、ユンホに対して「会ってみて人間として素晴らしい人で、役に対する情熱に溢れていた」と絶賛している。激しい銃撃戦に加え、鼻歌も披露するなどユンホの見所も満載で、ファンも必見の映画になっている。
【レポート】日本公開記念!「国際市場」新大久保店が期間限定でオープン!

「日本での大ヒットに感謝」東方神起ユンホから喜びのコメント到着!
日本での大ヒットスタートを受け、東方神起のユンホから、日本の観客の皆様への御礼コメントが届いた。「『国際市場で逢いましょう』を、日本でも沢山の人が見てくれていると聞き本当に嬉しく思います。ありがとうございます。僕のシーンはタイで撮影しました。大変な撮影でしたが、本作に出演させていただいたことで、すごく成長したと思います。特に銃アクションとか爆発等の戦闘シーンでの撮影は大変でしたが、俳優として素晴らしい経験でした。この映画は本当に素晴らしい映画ですので、ご覧になった方々は、ご両親、ご友人にもぜひ勧めてください!皆さま、ご覧いただきありがとうございました」

大ヒットスタート!ユン・ジェギュン監督から御礼コメント到着!
「『国際市場で逢いましょう』が日本でも多くの観客が来てくれたと聞きまして大変嬉しく、感動しました。この作品で描きたかった、親への感謝の気持ちや、家族の愛といった思いは万国共通の感情だと思っています。韓国だけでなく、日本の皆様も受け入れてくれ、私がこの映画を作れて本当によかったと思っています。親の世代の方はもちろんですが、若い世代に方もご覧いただければと思っております。私は、生前の父に「ありがとう」と言えなかったのが心残りでした。だからこの映画を見て、皆さんが親へ「ありがとう」という気持ちを持ってもらえれば幸いです。日本の皆さんがこの映画を受け入れてくれ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。」 監督 ユン・ジェギュン
さらに、公開劇場も拡大予定。この映画を通して、家族と話す時間を持つきっかけに…ぜひお近くの劇場でご覧ください!

ファン・ジョンミンのインタビューやメイキングショット満載の特別映像公開!
主人公のドクスを演じたファン・ジョンミン、その妻役を演じたキム・ユンジン、ドクスの親友役のオ・ダルスがそれぞれ本作の役どころなどを語った特別映像が公式サイトにて公開!
また「本作は我々の親世代の人々への感謝の気持ちを伝えた映画です」というユン・ジェギュン監督がこだわって再現した“国際市場”のロケセットでの撮影風景など映画の世界観がわかる映像も必見!
さらに、韓国で本作を鑑賞した著名人の声も到着!『怪しい彼女』のファン・ドンヒョク監督をはじめ、クォン・サンウなど韓国で一流の俳優、監督、アーティストなど普段では見られない大物著名人がコメントしていることから、注目の映画ということが伝わってくる。また、EXOのメンバーであるディオ、チャンヨル、スホ、カイが揃い試写会で鑑賞。ライブでは見られない普段の表情が垣間見られる中、チャンヨルも感動した様子で絶賛のコメントを残している。この貴重な映像も公式サイトにて公開中。
公式HP ⇒ http://kokusaiichiba.jp/

日本オリジナル予告編
“大丈夫だ”と笑って見せて、“良かった”と涙ぐむ―。 家計を支えるため、西ドイツの炭鉱への出稼ぎや、ベトナム戦争で民間技術者として働き、つらくても家族の前では決して弱さをみせず、ただひたすら家族のために懸命に生きてきた主人公ドクス(ファン・ジョンミン)。戦後の復興で貧しいながらも生き抜いたドクスとその家族の歴史が、予告編の短い映像からも感じられ、その懐かしき風景に家族の絆を思い起こさせ、優しい感動と深い共感を呼ぶだろう。また日本版予告編では、ベトナム戦争に参加した実在する有名な歌手ナム・ジン役を演じた東方神起のユンホの出演カットも含まれ、劇場公開を前に、ファン必見の予告編となっている。
日本オリジナル予告編https://www.youtube.com/watch?v=XX7XkCIc5s8

★入場者プレゼント
5月16日(土)及び5月23日(土)から公開の劇場にて、本作をご覧いただいた方に入場者プレゼントとして、「特製クリアファイル」をプレゼント!
また、GETすると、さらに良いことがあるかも!? 数量限定、先着順での配布のため、是非お早目に劇場へ。
★リピーターキャンペーン実施中
鑑賞した半券を集めて、キャスト直筆サイン入りポスターや豪華賞品が当たるリピーターキャンペーンを実施!
詳しくは公式HP ⇒ http://kokusaiichiba.jp/ 

画像

【STORY】
幼い頃、朝鮮戦争時の興南撤収作戦で父、そして末の妹と離れ離れになり、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクスは父親代わりにお金を稼ぐため、西ドイツへの出稼ぎや、ベトナム戦争への出兵など幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のためにいつも笑顔で必死に激動の時代を生きていく―

◆『国際市場(原題)』2015年3月15日(日)大阪にてジャパンプレミア上映!2015年5月16日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー
監督:ユン・ジェギュン『TSUNAMI-ツナミ-』
出演:ファン・ジョンミン『新しき世界』、 キム・ユンジン『ハーモニー 心をつなぐ歌』、オ・ダルス『7番房の奇跡』、 チョン・ジニョン『王の男』、チャン・ヨンナム『チング2 永遠の絆』、ラ・ミラン『ソウォン/願い』、キム・スルギ『怪しい彼女』、ユンホ(東方神起)
【2014年/韓国/123分】
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
配給:CJ Entertainment Japan

東方神起(とうほうしんき) プロフィール&メンバー紹介
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

関連記事

横チャンネル

新バラエティ!ユンホ(東方神起)が自作恋愛小説を公開!

ヒョンビン×ソン・イェジン 映画『ザ・ネ…

人気俳優ヒョンビンが悪役に初挑戦!ソン・イェジン共演の心理…

「東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~」…

東方神起、日産スタジアム“3DAYS”オフィシャルレポート

東方神起の72時間

もしトップスターが全く違う人生を72時間体験できるとしたら?…

2018/05/18 『a-nation』東方神起がヘッドライナーに! VI、super junior、BOA、red velvet出演
2018/04/24 新羅免税店「GWスペシャルキャンペーン」開催。東方神起のグッズが当たる!
2017/10/24 東方神起、今度はCMをジャック?!1日限定 全17本のリバイバルCMオンエア!
2017/10/18 東方神起がいよいよ本格始動!!表紙を飾った「anan」発売!渋谷駅に巨大ボードも!
2017/09/07 東方神起イメージモデル就任記念!キャンペーン実施&ユンホからメッセージ