チャン・ドンゴン主演映画「泣く男」10月18日(土)より公開!

画像
(c) 2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
mixiチェック
『アジョシ』(2010年韓国No1大ヒット作)監督イ・ジョンボム最新作
チャン・ドンゴン主演『泣く男』10月18日(土)より公開!

韓国全土に<アジョシ・シンドローム>を巻き起こし、日本でも熱狂的ファンが多い映画『アジョシ』から4年。韓国アクション映画の新境地を切り開いたイ・ジョンボム監督、待望の最新作『泣く男』(原題:우는 남자)が、2014年10月18日(土)より日本にて公開。

観客動員数630万人を記録し数々の映画賞に輝いた前作の『アジョシ』では、隣の家の少女を助けるために迷うことなく全てをかけて戦う元特殊工作員テシクを主人公に、感情を殺した“ぶれない男”を描いたジョンボム監督。今回の『泣く男』では罪を背負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋を主人公に据え、心の葛藤に揺れ動く“ぶれる男”を描き出した。“ぶれない男”と“ぶれる男”、両作の主人公はジョンボム監督の描く“男の姿”の合せ鏡とも言えるだろう。

主人公ゴンを演じるのは、数々の作品で強烈な男性美と圧倒的な演技力を兼ね備えるチャン・ドンゴン。本作のためにアメリカ特殊部隊の銃撃訓練にも参加し、5ヶ月にもわたる訓練を経てプロの殺し屋のアクションを体得した。 トカレフ、ショットガン、M4、グロック19、MP5K、38口径、消音器P250などの多様な銃器による壮絶な銃撃シーンは、ハリウッド製ガンアクションにも匹敵する見どころとなっている。

ハートを撃ち抜かれる!?『泣く男』ゴンのスペシャル写真到着!
主人公は、罪を背負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋ゴン。贖罪と任務に挟まれ、心の葛藤に揺れ動く<ぶれる男>。演じたのは韓国のトップ俳優チャン・ドンゴン、本作で新たな境地に足を踏み入れ、俳優としてもまさに脂がのった、今までにない魅力をみせつけている。そんなドンゴンのスペシャル写真が到着!ポスタービジュアルとは異なり、鍛えた上半身を真正面から見せるドンゴン。膝の上でクロスさせた指は、<贖罪>の祈りをささげていかのよう。陰に半分隠された表情、そして全身から醸し出す雰囲気に、あなたは何を感じ取るのか・・・。あまりのカッコ良さに思わず息をのむスペシャル写真は、ドンゴンの、そして『泣く男』のファンをさらに増殖させていくこと間違いなし。

画像

公式HPでは、「真・3大『泣く男』の嗚咽が出るぐらい凄すぎる見どころ」をUP
真・3大『泣く男』の嗚咽が出るぐらい凄すぎる見どころ業界人が語りつくす超マニアックな●●
『泣く男』公式HPでは、本作にはまった業界人が偏った愛を思いっきりぶつける「真・3大『泣く男』の嗚咽が出るぐらい凄すぎる見どころ」をUP中。とにかく百聞は一見にしかず、一度クリックしてみてほしい、思わずひくぐらいの熱さを体感せよ。
その1.見事なストーリーテリングを訴えるのは、映画評論家の小林真里と松崎健夫。評論家ならではの鋭い視線とわかりやすい解説で、本作の驚きの展開と衝撃的の冒頭&ラストを語る。サッカーの長友にフィギュアの織田、とにかく男の涙はいつでも熱い!
その2.アジアを超えたぶっとびアクションを訴えるのは、アームズマガジン編集部の福原洋平と男の墓場プロダクション所属ライターのギンティ小林。福原が立て板に水の如くとうとうと拳銃について語れば、肩書からしてすでにぶっとんだギンティはヴァイオレンスに感動したと熱弁。真のリアルな銃撃戦・アクションはここにあり!
その3、とにかくドンゴンが素敵だと訴えるのは、映画ライターであり東京ディズニーリゾートウォッチャーの鴇田崇と今回唯一の女性ライター蛭川直子。ドンゴンから見える男の美学をモデルガン片手に語る鴇田に、紅一点の演出として花をバックにセクシーなドンゴンの魅力をかたる蛭川。ドンゴンが魅せる男のカタルシスに、涙がこぼれる

公式サイト⇒ nakuotoko.jp

日本オリジナル予告編公開!
日本オリジナルの予告編では、チャン・ドンゴン演じる孤独な殺し屋が、自分の犯したある過ちの罪悪感から、やがて組織を裏切り、命を賭けてその身を投じる壮絶な戦いが、圧巻のアクションシーンとともに展開される。特に、トカレフ、ショットガン、M4、グロック19、MP5K、38口径、消音器P250などの多様な銃器による、スピード感、緊迫感ある銃撃シーンは、ハリウッド製ガンアクションにも匹敵するほどのスケール! 
「すぐに忘れられてしまうようなアクション映画にはしたくなった」と語るイ・ジョンボム監督が描きだす、哀しき贖罪の行方、そして新たな男のカタルシスとこだわりの世界観が垣間見られる、必見の予告編となっている。
『泣く男』予告編⇒http://youtu.be/VZ3sLS9zpVI

ポスタービジュアル公開&特別鑑賞券発売!
最新作『泣く男』が10月18日(土)より公開が決定し、メインポスターも公開!この度解禁となったメインポスターは今迄のドンゴンとは想像もつかないハードなものに仕上がっている。

引き締まった肉体に彫り込まれたいくつものタトゥー。「その殺しの報酬は、贖(あがな)い」というコピーのイメージそのままに、哀しみを背負っているような表情で俯く男。男性だけでなく、女性の心をもグッと引き込むようなデザイン。銃弾のようなシルバーを基調にしたイメージはこれまでの韓国映画とは一線を引くスタイリッシュな仕上がりとなっており、まさに、男のカタルシスを感じさせるポスターが完成した。
このメインポスターは2014年8月16日(土)より、全国の公開劇場で掲出予定。また併せて、全ての汚れを殺し屋のように消し去る“拭く男”ファイバークロスが付いた特別鑑賞券の発売も予定している(※一部劇場のみ※数量限定)。クールな男になるための大切な一言コメントも入っているので、特別鑑賞券を買えば、貴方のメガネも心も磨かれること間違いなし!

公式サイト⇒ nakuotoko.jp

画像

【STORY】
強烈なアクションと熱いドラマが一体となった、新たな“男のカタルシス”
幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。
ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。そこで彼を待ち受けていたのは、哀しい因縁で結ばれた最後のターゲットと、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だったー。

◆「泣く男」2014年10月18日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー

監督:イ・ジョンボム『熱血男児』『アジョシ』

出演:チャン・ドンゴン『マイウェイ 12,000キロの真実』『ブラザーフッド』/ キム・ミニ『恋愛の温度』『火車』

提供&配給:CJ Entertainment Japan

2014年/韓国/116分/R15+ 

(C)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

チャン・ドンゴン プロフィール
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

関連記事

マイウェイ 12,000キロの真実

チャン・ドンゴン主演映画!アジアからノルマンディーまで生き…

映画『泣く男』公開直前!デヴィ夫人&ま…

映画『泣く男』公開直前!デヴィ夫人&ますおか岡田登壇イベン…

恋愛結婚

キム・ジフン&キム・ミニ主演!パク・ギウンも出演のロマンチ…

チャン・ドンゴン主演映画『泣く男』イ・…

映画『泣く男』イ・ジョンボム監督来日会見 オフィシャルレポート

2016/04/14 アジアドラマチックTV 6月は「愛するウンドン」「紳士の品格」など放送!
2015/09/18 「オレのことスキでしょ。」「イルジメ」他名作13作品DVDが5,000円+税で発売!
2015/08/25 ドラマ第1話特別上映会 9/19開催!スターの直筆サイングッズがあたる購入特典も
2014/08/19 『友へ チング』&『チング 永遠の絆』の2作連続上映が決定!トークイベント付き!
2014/07/03 イ・ジュンギ、キム・ヒョンジュン他『韓流 T.O.P』09月号(VOL37) 7月16日発売!