イ・ソンギュン×IU『私のおじさん(原題)』

画像:私のおじさん(原題)
(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。
放送日 2018年7月13日(金)スタート!
放送時間 (金)19:00~20:30、(土)22:00~23:30
再放送 (土)(日)6:00~7:30
(月)(火)深1:15~2:45 ※#1、2のみ(月)深1:00~4:00(2話連続放送)
(金)15:30~18:30(2話連続放送)
2018年 tvN / 全16話 / 各90分 / 字幕放送
Mnet日本初放送
mixiチェック

俳優イ・ソンギュン × 歌手IU共演作!ドラマ「シグナル」「ミセン-未生-」の監督が手掛けた心温まるヒューマンストーリー!

失うものなど何もない不毛な人生を生きる女性イ・ジアン(IU)が建築会社で働く寡黙な男性パク・ドンフン(イ・ソンギュン)と出会い、温かい人情と人生の癒しを感じていくヒューマンストーリー。

ドラマ「シグナル」「ミセン-未生-」のキム・ウォンソク監督と「また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)~」のパク・ヘヨン脚本家がタッグを組んだ本作はキャラクターごとに感じられる温かい人間美と、その役にぴったりな俳優陣の顔ぶれが大きな魅力。

厳しい現実に耐え、ひとり懸命に生きる女性イ・ジアンを「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」「プロデューサー」など数々の作品に出演し、歌手活動だけでなく女優としても精力的な活躍を見せるIUが演じる。建築会社の契約社員として入社するも代表理事の命令で修繕チームの部長パク・ドンフン(イ・ソンギュン)のスパイをすることになるが、むしろ彼の暖かい魅力に惹かれていく。

パク・ドンフンを演じるのは「パスタ~恋が出来るまで~」「コーヒープリンス1号店」の俳優イ・ソンギュン。人生の下り坂を転げ落ちる兄と弟の間で、安全第一主義を追求する建築会社の構造技術者であったが、イ・ジアンと出会いこれまでになかった自身の感情と葛藤することとなる。

厳しい人生を生きてきた一人の女性と人生の重さに耐えながら生きるおじさんが出会い互いの人生を癒していくヒューマンストーリーをお楽しみに!

あらすじ

建設会社の契約社員イ・ジアン(IU)は、会社の人たちとも会話をせず孤独に働き、夜も飲食店のバイトに明け暮れる日々を送っていた。借金取りに追われ、祖母が入る養老院の支払いも滞っていた。困り果てたジアンは、祖母を養老院からこっそり連れ出すことを決める…。

一方、ジアンのいる建築会社に勤める構造技術者のパク・ドンフン(イ・ソンギュン)はかつては設計チーム、今は修繕チームを率いる部長として働いていた。ある時、ジアンが給湯室のインスタントコーヒーを盗んでいるのを見かけ、その日以降彼女の行動が気になり始める。

そんな中ドンフンの元に、差出人不明の商品券が大量に送られてくる。何かの手違いではないかと思い急いで机に入れているところをジアンに見られてしまうのであった…。

出演者 イ・ソンギュン、IU、パク・ホサン、ソン・セビョク、コ・ドゥシム、イ・ジア ほか
監 督 キム・ウォンソク
脚 本 パク・ヘヨン
IU(アイユー) プロフィール

韓国100%エンターテインメントチャンネル 『Mnet』で放送!
http://jp.mnet.com/

関連記事

今週、妻が浮気します(原題)

イ・ソンギュン×ソン・ジヒョ主演 夫婦の絆を取り戻す異色のラ…

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~-韓…

イ・ジュンギ×IU豪華共演!EXOベクヒョンほか出演!奇跡のイケ…

K-POP World Festival BEST

過去に行われた本選の模様をオンエア!

雪蓮花

チ・ジニ×イ・ジア 前世の夢を見る二人の男女のファンタジー・…

2016/04/18 ユジン×イ・サンウ「お願い、ママ」6月2日セル&レンタルDVDリリース!
2016/01/07 ユン・サンヒョン登壇!2PMチャンソン主演『ダイナマイト・ファミリー』舞台挨拶!
2015/12/25 キム・スヒョン主演「プロデューサー」セル&レンタルDVD 3/2リリース
2015/12/17 IUファンミーティング&ミニライブ「A HAPPY IU YEAR 2016」東京にて1/23開催!
2015/12/15 アジドラ2016年2月は「失踪ノワールM」「リセット」「坡州(パジュ)」等放送

昨日の韓国ドラマ紹介ランキング

1
アラン使道伝(サトデン)
2
ドクター異邦人
3
花遊記(ファユギ)
4
ファンタスティック・クラブ
5
Live(原題)
6
クク島の秘密
7
太陽の末裔 Love Under The Sun
8
亀巖(クアム)ホ・ジュン
9
私の心きらきら
10
帝王の娘 スベクヒャン

※当サイトにおけるドラマ紹介記事のアクセスランキングです。視聴率などを示したものではありません。