キム・ハヌル × イ・サンユン『空港に行く道(原題) 』

画像:空港に行く道(原題)
(C)STUDIO DRAGON CORPORATION
※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。
放送日 2017年2月5日(日)1話先行放送!22:00~23:15
2017年2月13日(月)スタート!
放送時間 (月)(火)22:00~23:15
再放送 (火)(水)8:00~9:15
(土)13:00~15:30(2話連続放送)
2016年 KBS / 全16話 / 各75分 / 字幕放送
Mnet日本初放送
mixiチェック

キム・ハヌル & イ・サンユンが贈る大人のラブストーリー!

それぞれの夫婦関係に悩む既婚の男女2人が、偶然の出会いをきっかけに魅かれあい、不倫でも友情でもない、究極の大人の愛を見せる。
韓流の初期から活躍する人気スター、キム・ハヌルが仕事と子育てに追われながらも明るく前向きに生きようとするベテラン客室乗務員のチェ・スアを爽やかにヒロインを演じる。共演には、大ヒットドラマ「エンジェルアイズ」で日本の女性たちの心をわしづかみにし、日本で年に1度はファンミーティングを開催するなど、高い人気を得る俳優イ・サンユン。仕事と子育ての両立、高慢な夫に振り回されることに疲れたヒロインに穏やかに語りかけ、時に無邪気に、時に積極的に、そして、どこまでも静かに温かい愛を注いでくれるソ・ドウを演じる。
疲れた自分を優しく癒やしてくれる、そんなソ・ドウに恋い焦がれること間違いなし!

あらすじ

ベテラン客室乗務員として働くスア(キム・ハヌル)は、高慢な夫ジンソク(シン・ソンロク)に逆らえず、嫌がる娘を無理やり海外留学させることになる。それをきっかけに娘のルームメイトの父親であるドウ(イ・サンユン)と連絡をとることになったスアは、いつしか娘がいなくなった寂しさをドウと共有するようになる。
ある日、ドウの娘が突然交通事故で亡くなってしまう。娘の訃報を受けても淡々と仕事をこなす妻ヘウォン(チャン・ヒジン)に、ドウは戸惑いを覚える。娘の遺骨を持ち帰ろうと妻に黙って娘の留学先に飛んだドウは、その帰りに偶然スアが乗務する便に乗り合わせる。ドウに娘の遺品を渡そうとするスアだが、手違いで荷物の到着が遅くなり、2人は結局、そのまま朝まで共に過ごすことになってしまう。
その中でドウは、娘の死にも涙しなかった妻に対して、他人の娘にも心を寄せ悼むスアに、心の安らぎを感じていた。

出演者 キム・ハヌル、イ・サンユン、シン・ソンロク、チャン・ヒジン ほか
脚 本 イ・スギョン
演 出 キム・チョルギュ

キャスト

画像:チェ・スア(キム・ハヌル)

チェ・スア(キム・ハヌル)

後輩にも頼りにされるベテラン客室乗務員。
高慢な夫ジンソクに振り回される生活に疲れた中でドウに出会う。
画像:ソ・ドウ(イ・サンユン)

ソ・ドウ(イ・サンユン)

建築学科の講師。
海外留学させていた娘を事故で亡くしたことがきっかけでスアと知り合う。
画像:パク・ジンソク(シン・ソンロク)

パク・ジンソク(シン・ソンロク)

スアの夫でパイロット。
新入社員だったスアと出会い、結婚。
高慢な性格だが、娘には世界で活躍できる人になってほしいと、彼なりの愛情はある。
画像:キム・ヘウォン(チャン・ヒジン)

キム・ヘウォン(チャン・ヒジン)

ドウの妻。
陶芸を専攻し、今は学芸員として働いている。聡明で美しいが、過去については秘密も多い。
キム・ハヌル プロフィール

韓国100%エンターテインメントチャンネル 『Mnet』で放送!
http://jp.mnet.com/

関連記事

ラブ・ミッション~スーパースターと結婚…

エリック(SHINHWA)出演作!美人スパイ&韓国トップスターが繰り…

アチアラの秘密

ムン・グニョン主演! 湖を囲む町アチアラで起きた殺人事件をめ…

夜を歩く士(ソンビ)

イ・ジュンギ&チャンミン(東方神起)豪華競演!ファンタジー…

2016/05/09 イ・サンユン来日!東京・目黒にて9月9日ファンミーティング開催!握手会あり
2016/04/14 アジアドラマチックTV 6月は「愛するウンドン」「紳士の品格」など放送!
2016/04/04 チェ・ジウ主演「2度目の二十歳」セルDVD7月1日・レンタルDVD7月2日より発売!
2016/02/26 「ライアーゲーム」5/3よりDVD発売&レンタル開始!4/14よりBSフジ日本初放送!
2016/02/26 チャン・グンソクが表紙!イ・スンギ他『韓流T.O.P』2016年5月号 3月16日発売!

昨日の韓国ドラマ紹介ランキング

1
僕には愛しすぎる彼女
2
僕らのイケメン青果店
3
結婚の女神
4
輝くか、狂うか
5
もう一度ハッピーエンディング
6
シンドローム
7
相続者たち
8
赤と黒
9
ずる賢いバツイチ女(原題)
10
夜を歩く士(ソンビ)

※当サイトにおけるドラマ紹介記事のアクセスランキングです。視聴率などを示したものではありません。