キム・ジソク×パク・ボゴム『ワンダフル・ラブ』

画像:ワンダフル・ラブ
(C)SBS
※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。
放送日 2015年11月30日(月)スタート!
放送時間 (月)(火)午後8:00~9:15
再放送 (火)(水)午前8:00~9:15
(日)昼0:00~2:30(2話連続放送)
2013年 SBS / 全48話 / 各75分 / 字幕放送
Mnet日本初放送
mixiチェック

思いっきり笑って泣いて応援したくなる、心に響くハートフル・ラブコメディ!

大金持ちの成金社長を母に持つヨンス、ヨンチェ、ヨンジュンのワガママ三姉弟。仕事もせずにセレブ生活を満喫していた彼らが、ある日突然、一文無しに! 三姉弟が貧乏生活に転落した背景に隠された母の愛に最後は涙すること間違いなし!本当の愛と家族の幸せについてもう一度考えさせてくれる感動ラブコメディ。

主演の大金持ちの成金社長ユン・ボッキ役には「その冬、風が吹く」や“JYJ”ジェジュンの母親役で好評を博した「スパイ~愛を守るもの~」など、数多くのドラマに出演し、抜群の演技力を誇る名女優ペ・ジョンオク。これまでシリアスで優雅なイメージが強かった彼女が、本作でコメディ演技に初挑戦!くるくるパーマに赤い口紅で180度違う姿を披露した上、アルツハイマー患者という難しい役どころをリアルに演じ切り、共演者から惜しみない称賛を受けた。そんな母を持つヨンス、ヨンチェ、ヨンジュンのワガママ三姉弟には、「エンジェルアイズ」などの紳士的な魅力と端正な顔立ちで、韓国のみならず日本でも多くのファンを持つキム・ジソク。そんな彼が本作では、ちょっとマヌケだけれど恋には一途な純情男子ヨンス役を熱演!今まで見たことのないコミカルな演技で、ファンにはたまらない変身ぶりを披露! ヨンスの双子の姉でヒロインのヨンチェ役には「屋根部屋のプリンス」のチョン・ユミが出演!悪女のイメージから一転、元気ハツラツな“テンジャンニョ(ブランド好きなぶりっ子系女子)”をキュートに演じ、“チョンブリー(苗字のチョン+ラブリー)”という愛称までできるほどの人気を獲得した。さらに、ヒロインの恋の相手フンナム役を「サラリーマン楚漢志(チョハンジ)」チョン・ギョウンがトキメキいっぱいに演じるなど、話題のスターが一堂に会した必見の話題作!

その他にも、聴覚障害を持つ心優しい社長役に「太陽を抱く月」のアン・ネサン、社長を献身的に支える妻役に「宮廷女官 チャングムの誓い」のキョン・ミリ、さらには「メディカル・トップチーム」のキム・チョン、「美男<イケメン>ラーメン店」のイ・チョンアまで、韓流作品に欠かせない実力派キャストが勢揃い!

若年性アルツハイマーを宣告された母と親不孝な三姉弟を通して家族の絆の再生を軽快かつ繊細なタッチで描き、多くの視聴者の共感を呼んだ話題作を日本初放送でお届け!

あらすじ

若い頃に夫を亡くし、女手ひとつで3人の子どもたちを育ててきたユン・ボッキ(ぺ・ジョンオク)。市場で貸金業をしながら、子どもたちのために死に物狂いでお金を稼いできた苦労人。その甲斐もあり、今ではビルのオーナーになるまでの金持ちだ。一方の子どもたちはというと、とっくに成人を過ぎているのに母親のお金を使って贅沢三昧の日々。母親に優しくするのはお金をねだる時だけ。そんな子どもたちでも可愛いわが子に変わりはないと見過ごしてきた。そんなある日、ボッキは若年性認知症の初期と診断されてしまう。ビルのオーナーになり、これからはゆとりをもって幸せに暮らしていこうと思っていた矢先の出来事だった。あまりのショックに打ちひしがれながら家に帰ったボッキ。その目の前で、いつものように問題ばかり起こして自分にお金をねだる子どもたちを見て、ついにボッキの堪忍袋の緒が切れた…。

出 演 ぺ・ジョンオク、チョン・ユミ、キム・ジソク、パク・ボゴム、チョン・ギョウン、アン・ネサン、キョン・ミリ
演 出 ユン・リュへ、、アン・ギロ
脚 本 パク・ヒョンジュ

キャスト

画像:ユン・ボッキ(ぺ・ジョンオク)

ユン・ボッキ(ぺ・ジョンオク)

ユンキャピタルの会長。ヨンチェ、ヨンス、ヨンジュンの母。
若き頃、夫に3人の子供を残して先立たれ貧しい生活を送る。そのせいで金儲けに没頭。子供たちのためなら何でもしてきたボッキだったが、初期のアルツハイマー病だと診断され、どうしようもない3人の我が子をしつけるための作戦を開始する。
画像:コ・ヨンチェ(チョン・ユミ)

コ・ヨンチェ(チョン・ユミ)

ボッキの長女。ヨンスと双子。
見栄っ張りで買い物依存症のファッションブロガー。短気でトラブルメーカーであるが、情が厚く愛くるしい女性。
母親ボッキのカードを使って過ごしてきたが、ある日突然一文無しに。フンナムとは複雑な関係にもつれ込む。
画像:コ・ヨンス(キム・ジソク)

コ・ヨンス(キム・ジソク)

ボッキの長男。ヨンチェと双子。
アメリカ留学経験はあるが、英語をひと言も話せない。しょっちゅう詐欺に遭うが、その度に母親の財産を当てに事を解決する。
現在は親のすねをかじる無職であるが、幸せな家庭を築くのが夢。母親の計画どおり会社が倒産するやいなや、生活費を稼ぐために初めて働くことになり、ジウの家庭教師になる。
画像:コ・ヨンジュン(パク・ボゴム)

コ・ヨンジュン(パク・ボゴム)

ボッキの次男。末っ子。
愛きょう満点生粋の遊び人。大学よりクラブの出席率のほうが高い美大生。穏やかな外見と遊び人風の風貌で常に女性が絶えないが、母ボッキの前では甘えん坊。遊ぶことしか能がないが、家族の大切さと働くことの意義を徐々に学ぶことになる。
画像:チャン・フンナム(チョン・ギョウン)

チャン・フンナム(チョン・ギョウン)

デホリッチHDのチーム長。
仕事中は冷徹で厳しいが、恋人と家族には限りなく優しい男の中の男。両親を早くに亡くし、聴覚障害をもつ兄の代わりに家の稼ぎ頭となる。長年の夢はまさに金持ちになること。そんな彼の前にとんでもない味噌女ヨンチェが現れ…。
◆プロフィール紹介

韓国100%エンターテインメントチャンネル 『Mnet』で放送!
http://jp.mnet.com/

関連記事

ユン食堂

イ・ソジン×大人気バラエティの生みの親、ナ・ヨンソクPDの最強…

雲が描いた月明り(原題)

パク・ボゴム、B1A4ジニョン他出演!ツンデレ皇太子とキュート…

また?!オ・ヘヨン ~僕が愛した未来~

エリック(SHINHWA)の2年ぶりドラマ出演作!現代を生きる全ての…

応答せよ 1988(原題)

「応答せよ」シリーズ最高傑作の第3弾!80年代ノスタルジア、…

2017/03/07 XIAジュンスが表紙!ジェジュン(JYJ)他『韓流T.O.P』2017年5月号 3月16日発売
2016/12/05 パク・ボゴム初来日公演2017年2月4日東京にて開催!お見送りあり!!
2016/06/14 「応答せよ1988」のパク・ボゴム、コ・ギョンピョ出演「花より青春3」8月より放送!
2016/05/18 ドラマ「記憶(原題)」「応答せよ 1988(原題)」試写会5/30実施!
2016/03/18 ソン・ジェリム主演「優しくない女たち」6月2日よりDVDセル&レンタル同時リリース!

昨日の韓国ドラマ紹介ランキング

1
風船ガム
2
THE K2(原題)
3
弁護士の資格~改過遷善
4
華政(ファジョン)(原題)
5
帰ってきてダーリン
6
最高です!スンシンちゃん
7
お願いキャプテン
8
となりの美男<イケメン>
9
応答せよ 1988(原題)
10
明日に向かってハイキック

※当サイトにおけるドラマ紹介記事のアクセスランキングです。視聴率などを示したものではありません。