『サニー 永遠の仲間たち』

画像:サニー 永遠の仲間たち
(C) 2011 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。
放送日 2015年7月19日(日)放送!
放送時間 午後11:00~深夜1:15
再放送 7月20日(月)深夜1:30~3:45
7月25日(土)午後2:30~4:45
2011年 韓国 / 135分(本編:124分) / 字幕放送
Mnet
mixiチェック

人生の美しさと友情の絆を描く、笑いと涙と青春の甘酸っぱさが詰まった珠玉の感動作!

韓国で公開されると同時に、世代を超えた共感を呼び、740万人動員という大ヒットを記録した本作!“1986年の高校時代”と“2011年のいま”を交錯させながら7人の女性たちが失ってしまった大切な何かを取り戻していく美しい友情の物語。専業主婦として、不自由のない日々を送っているナミ。彼女は母が入院する病院で、高校時代の仲良しグループ“サニー”のリーダー、チュナと偶然再会するが、再会したチュナは余命2ヵ月の重い病に侵されていた。死ぬ前にもう一度“サニー”のメンバーに会いたいというチュナの願いを叶えるべく、残りのメンバーを捜し始める。高校生時代の舞台となった80年代は、世界中でポップ・カルチャーが咲き乱れた文化的な爛熟期。新しいファッションが生まれ、ディスコ・ブームが巻き起こり、MTVを通じて米英のポップ・ミュージックが若者たちの心に突き刺さった。世界的に80'sカルチャーが再びメディアをにぎわせる中、韓国でも人気TV番組が80年代に流行した音楽や映画を多く引用するなど、幅広い年代の注目を集めた。
本作ではサニーのメンバーを捜す現在のナミを演じるユ・ホジョンをはじめ、高校生時代のナミをシム・ウンギョン、実業家として成功するも重い病に侵されてしまう現在のチェナをジン・ヒギョン、高校生時代をカン・ソラが演じるなど、新人女優とベテラン女優たちのアンサンブルも注目の一つとなっている。

あらすじ

完璧な夫と高校生の娘に恵まれ、不自由のない生活を送っていた主婦のナミ(ユ・ホジョン)。ある日、母の入院先で、高校時代の友人チュナ(ジン・ヒギョン)と再会する。当時、ソウルの女子高へ転校してきたナミ(シム・ウンギョン)を、姉御肌のチュナ(カン・ソラ)が仲間に入れてくれたのだった。ナミは次々に楽しい仲間たちと知り合う。
個性豊かな7人のメンバーは、友情の証としてグループを“サニー”と名付け、いつも笑い合っていた。あの事件が起きるまでは・・・。あれから25年。偶然の再会を果たしたチュナは余命2ヵ月の重い病に侵されていた。「死ぬ前にもう一度みんなに会いたい」と心から願うチュナのため、ナミは残りのメンバーを捜し始める。
それはナミにとって、輝いていた日々を取り戻し、再び人生の主役になる旅でもあった―。

出演者 ユ・ホジョン、シム・ウンギョン、ジン・ヒギョン、カン・ソラ、コ・スヒ、キム・ミニョン、ホン・ジニ、パク・ジンジュ、イ・ヨンギョン、ナム・ボラ、キム・ソンギョン、キム・ボミ、ミン・ヒョリン
監督・脚本 カン・ヒョンチョル

韓国100%エンターテインメントチャンネル 『Mnet』で放送!
http://jp.mnet.com/

関連記事

君主~仮面の主人~(原題)

影の組織と戦う若き世子の愛と死闘を描く大型時代劇!

恋の花が咲きました

イム・スヒャン&ト・ジハン主演 シングルマザーの新人女性巡査…

ドリームハイ2

GOT7、2AM、T-ARA、SISTARメンバー出演!最悪の問題児VS最高の…

ミセン-未生-

イム・シワン(ZE:A)主演!すべての世代の共感を呼び、社会現…

2016/03/04 「風の便りに聞きましたけど!?」女性チャンネル♪LaLa TVにて3/6より放送!
2016/02/26 チャン・グンソクが表紙!イ・スンギ他『韓流T.O.P』2016年5月号 3月16日発売!
2015/12/22 『幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット』4月セル&レンタルDVDリリース!
2015/12/15 B1A4ジニョン主演 “SUPER STAR K”が舞台のラブストーリー2月より日本初放送
2015/08/20 イ・ジョンソク主演「ドクター異邦人」11/6よりセル&レンタルDVDリリース!

昨日の韓国ドラマ紹介ランキング

1
スーパーダディ・ヨル(原題)
2
応答せよ 1997
3
恋するパッケージツアー~パリから始まる最高の恋~
4
花いちもんめ
5
ヨンパリ(原題)
6
モンスター~私だけのラブスター~
7
神のクイズ シーズン2
8
ラブレイン
9
そんな愛
10
セレブの誕生

※当サイトにおけるドラマ紹介記事のアクセスランキングです。視聴率などを示したものではありません。