チュ・サンウク主演!『TEN2』

画像:TEN2
(C) Orion Cinema Network Inc., all rights reserved.
※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。
放送日 2013年12月30日(月)スタート!
放送時間 12月30日(月)深夜2:05~4:45(#1、2連続放送)
12月31日(火)深夜0:00~5:00(#3~6連続放送)
1月1日(水)深夜0:00~5:00(#7~10連続放送)
1月2日(木)深夜0:00~2:30(#11、12(終)連続放送)
2013年 OCN / 全12話 / #1:75分、#2.3:各85分、#4:65分、#5~12:75分 / 字幕放送
Mnet韓国放送版
mixiチェック

チュ・サンウク主演!2012ケーブルテレビ放送大賞を受賞した本格派クライム・サスペンスの続編 日本初放送!

検挙率10%未満の凶悪な未解決事件を担当する特殊事件捜査班がさまざまな方法で事件を解決していく本格派サスペンスドラマ「TEN」の続編を日本初放送!

前作「TEN」は韓国で9週連続ケーブル視聴率1位を獲得、衝撃的な描写と人間の暗い闇の部分を細やかに描いたストーリーが好評を得て、優れた映像美と実験的な映像を追求した撮影監督に与えられる韓国放送撮影監督連合会主催の「2011グリメ賞」でケーブル・ドラマでは史上初となる「優秀作品賞」を受賞!さらには「2012ケーブルテレビ放送大賞」で、見事大賞に輝いた。

“怪物を捕まえる怪物”主人公の冷徹刑事を熱演するのは「パラダイス牧場」「いばらの鳥」で日本でも人気急上昇中のチュ・サンウク。先日韓国で行われたチュ・サンウクのファンミーティングには日本から大勢のファンが集まり、チュ・サンウクと共に「TEN2」の第1話を視聴する試写会も行われた。

チュ・サンウクは「TEN2」の制作が決まったことを知り、その他の作品のオファーは全て断るほど「TEN」のシーズン2を待ち望んでいたという。ストーリーのどんでん返しにも常に緊張感があり、スリリングな展開はサスペンスファンの期待を裏切らない。

本作はシーズン1(「TEN インターナショナルバージョン」)の最終回の続編。7年前に起きた頭や手足をテープで巻く「テープ殺人事件」と同じ手法で連続殺人が起き、殺人犯“F”の正体を突き止められないまま、ヨ・ジフン(チュ・サンウク)が姿を消してしまった。残ったTENチームはヨ・ジフンが残した調査資料をもとにその謎を解いてゆく。

【ストーリー】
ヨ・ジフン(チュ・サンウク)が消えた―
突然行方をくらましたヨ・ジフンに戸惑うTENチーム。しかしすぐに彼の意志が込められたメッセージを見つけ出す。
顔のない殺人犯“F”が起こした連続殺人事件の跡をたどり、事件を再調査しはじめるTENチーム。事件は核心に近づくとともに衝撃に包まれてゆく――

出演者 チュ・サンウク、チョ・アン、チェ・ウシク、キム・サンホ ほか
脚本 イ・ジェゴン
演出 イ・スンヨン

キャスト

画像:ヨ・ジフン(チュ・サンウク)

ヨ・ジフン(チュ・サンウク)

逮捕確率10%未満の難事件だけを担当する特殊事件担当班「TEN」のリーダを務め、韓国国内の凶悪犯罪を捜査をする。連続殺人魔にフィアンセを殺された悲しい過去を持つ。もと敏腕刑事、現在は警察教育院の教官として在職中であったが、ある殺人事件を機にTENチームを設けチーム長を引き受けることとなる。どんなことがあっても落ち着いて周到に行動する。
【捜査技法】証拠収集を通した科学的プロファイリング
画像:ナム・イェリ(チョ・アン)

ナム・イェリ(チョ・アン)

大学の心理学科を主席で卒業し、プロファイリングの専門家だが、スペックを生かせていない。可愛く清純な外見に、限りなく優しい性格で、他人の頼み事を断れず困った状況になることもしばしば。鋭い心理推理力が認められTENに合流する。
【捜査技法】人間の心理を利用した取り調べ
画像:ペク・ドシク(キム・サンホ)

ペク・ドシク(キム・サンホ)

未成年課をはじめとし、窃盗、放火、詐欺、暴力、殺人、性犯罪等などの警察組織内の全部署を直接体験したため、同僚たちには「歩く犯罪白書」と呼ばれる。どこかのんびりしている冴えないオヤジに見えるが、古い経験からの直観、すなわち「捜査用の触覚」に優れ、一度くいついたら解決まで事件を離さないので、毒蛇と呼ばれる刑事。地方で起こった殺人事件の捜査中にヨ・ジフンに出会い、「TEN」に合流することになる。
【捜査技法】豊富な経験と幅広い人脈を基盤とする直感捜査
画像:パク・ミンホ(チェ・ウシク)

パク・ミンホ(チェ・ウシク)

TENチームの末っ子。常に正義感に燃えており、犯罪者らの悪行を目の当たりにするたび憤りを隠せない。ヨ・ジフン教授に出会ってから予想外の鋭い推理力を披露し、「TEN」に合流する。運動能力も推理力も抜群で、様々な分野に幅広い知識を持つ。並大低のことはほとんどできる素晴らしい人材だが、チームの末っ子としてあらゆる雑務をこなす。
【捜査技法】地道な取材と捜査
チュ・サンウク プロフィール

韓国100%エンターテインメントチャンネル 『Mnet』で放送!
http://jp.mnet.com/

関連記事

ずる賢いバツイチ女(原題)

チュ・サンウク×イ・ミンジョン主演、エル(INFINITE)出演!キ…

恋するパッケージツアー~パリから始まる…

偶然集まった旅行者と添乗員のときめくラブストーリー

華麗なる誘惑(原題)

チュ・サンウク&チェ・ガンヒ主演で贈るサスペンスラブストー…

ホグの愛

チェ・ウシク×ユイ(AFTERSCHOOL)×イム・スロン(2AM) 恋と友情を…

2018/05/11 チュ・サンウク来日!ドラマ上映会&ファンミーティング6/16開催!サイン会などあり
2017/08/02 コン・ユ主演『新感染ファイナル・エクスプレス』は3⾯スクリーン「ScreenX」で!
2016/08/09 2PMテギョン最新主演作「戦おう、幽霊(原題)」10月Mnetにて日本初放送!
2016/04/07 チェ・ウシク×ユイ(AFTERSCHOOL)×スロン(2AM)「ホグの愛」DVD8/3より発売!
2016/03/16 KNTV5月はチャン・グンソク『テバク』、チュ・サンウク『華麗なる誘惑』など放送

昨日の韓国ドラマ紹介ランキング

1
天使の選択
2
悪夢先生
3
清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます the drama
4
知ってるワイフ (原題)
5
サメ~愛の黙示録~
6
スーパーダディ・ヨル(原題)
7
THE K2(原題)
8
エマージェンシー・カップル
9
屋根部屋のプリンス
10
私たち結婚できるかな?

※当サイトにおけるドラマ紹介記事のアクセスランキングです。視聴率などを示したものではありません。