チャン・グンソク×ユナ(少女時代)『ラブレイン』

画像:ラブレイン
(c) YOON’S COLOR 提供:ポニーキャニオン
※記事、写真、画像の無断転載を禁じます。
放送日 2013年9月3日(火)スタート!
放送時間 (月・火)午後8時50分~10時05分
2012年 韓国KBS制作 / 全21話 / 字幕放送
KNTV
mixiチェック

『冬のソナタ』から10年… 監督ユン・ソクホ 脚本オ・スヨンが再び集結

ドラマ「ラブレイン」は、「冬のソナタ」で大ブームを巻き起こしたユン・ソクホ監督特有の感性と水彩画のような映像美を通じ、1970年代と現在、2つの時代を舞台に 《純粋かつ普遍の愛》を描いた珠玉のラブストーリー。チャン・グンソクは感受性豊かな美大生ソ・イナ役と、仕事と愛に自由奔放なフォトグラファー、ソ・ジュン(ソ・イナの息子)の1人2役を、一方、チャン・グンソクの相手役のユナは清楚で大人しいキム・ユニと、天真爛漫で朗らかなユニの娘、ハナの2役を演じる。

◆富良野・旭川エリアでの撮影も敢行!!
現代に舞台を移した物語の第5話冒頭、チャン・グンソク(ソ・ジュン役)と、ユナ(ハナ役)が旭川駅で偶然に出会い、ソ・ジュンがハナの携帯電話を間違えて持っていってしまうところからストーリーは展開していく。北海道を愛して止まないユン監督の長年の夢であった北海道での撮影。今回は旭川市、富良野市ほか各方面からの多大な協力を得て、実現する運びとなった。旭川市内のほか、美瑛、上富良野吹上温泉、ファーム富田などがロケ地として使用されている。

出演:チャン・グンソク(『美男<イケメン>ですね』)、ユナ(少女時代)(『シンデレラマン』)、キム・シフ(『強敵たち』)、ソン・ウンソ(『私の娘コンニム』)ほか

演出:ユン・ソクホ(『秋の童話』『冬のソナタ』『夏の香り』『春のワルツ』他)

脚本:オ・スヨン(『クァンキ』『イヴのすべて』『秋の童話』『冬のソナタ』『ラブレター』『ウェディング』『スターの恋人』他)

キャスト

画像:70’s ソ・イナ(23/韓国大学美術学科)役/チャン・グンソク

70’s ソ・イナ(23/韓国大学美術学科)役/チャン・グンソク

彼女が落とした日記帳を、胸をときめかせながら何回も読み返した夜、僕の20代はすでに彼女で満たされていた。名前通りの優しい顔立ちに柔らかな微笑み。言葉数は少ないが多情多感な性格だ。美大に在学中だが、子供のころから音楽が好きで、ギターを弾き作曲にも才能がある。ソウルの下宿で大学生活をスタートしたイナは、歌手を目指す法学部のチャンモと友達になり、有名な音楽喫茶「セラヴィ」を知って、そこの人気DJであるドンウクと友達になる。最新ポップソングがいち早く入ってきて、その辺りの文化の産室であったセラヴィ。イナはドンウクやチャンモと一緒に、セラヴィのトリオと呼ばれて大学のスターになる。ある日、後ろ姿の美しい女学生を見かけた。彼女はときめきを伴って、イナに近づいてくる。
画像:70’s キム・ユニ(21/韓国大学家政学科)役/ユナ

70’s キム・ユニ(21/韓国大学家政学科)役/ユナ

美大前のベンチ、カスミソウの花束、その日降った雨、一緒に見た夕焼け、幸せだった海辺、そして彼と過ごした21歳の春と夏、それらは私を幸せにしてくれたもの……。ストレートなロングヘア、純白の皮膚、ギャザーのワンピースに白い靴下。飾らない清楚なユニ。笑みを浮かべた大きな瞳に長い髪、歌の歌詞に出てくるような美しい彼女。ユニにとって、音楽喫茶で優雅に音楽を楽しみ、ボーイフレンドとつき合うというのは奢侈だった。そんな贅沢は誰にも見せたことがない、彼女の日記帳でだけ可能だった。だが、落ち葉が舞うある日、笑い顔の清々しい彼、イナに出会った。

2012 ソ・ジュン(29/フォトグラファー)役/チャン・グンソク

おれはおれだ。だが今、おれは君だ。
イナの息子。ユニークな作品と目立つビジュアルで、トップに鎮座するフォトグラファー。世界で自分ほどすごい奴はいない。自分だけが正しく偉い。他人の視線などは気にもかけない。どこでも誰にでも直線的で、毒舌を浴びせる。しかし、皮肉なことに彼の写真の中の人物はあまりにも美しい。恋も自分勝手で、業界でも評判の遊び人の彼のキャッチコピーは「3秒で落とす」だ。彼が女性を口説くとき口にする台詞は、「愛なんて信じない。親父は初恋を忘れられずに苦悩してきた。母親も不幸だった。おれはそんな恋はしたくない」だが、これは嘘を装った彼の苦しい本音だ。そんな彼がファッション誌の撮影で訪れた日本で、彼の常識では到底考えられない女性、ハナに出会う。彼のファッション感覚ではとても受け入れがたいラフなスタイルに、鼻っぱしの強さ。だが、ファインダーを通して、彼の視線でハナを見た瞬間、飾らないハナの面立ちに、心臓が故障でもしたように、激しく拍動してしまう。とても信じがたく必死で否定してみるが、ハナを知ってからは生活も感情もめちゃめちゃになってしまった。
 
チャン・グンソク 公式コメント
『本当に本当に寒かったです!撮影は大変でした。見所や美味しいものもたくさんありましたが、何よりも富良野や旭川といった街の素朴で温かい人々の心を直接感じることができて本当に嬉しかったです。今回「ラブレイン」では、時代設定やキャラクターが異なる2人の役に挑戦していて、難しいですがとてもやりがいがあります。頑張って撮影していますので、完成を楽しみにしていてください。』

2012 チョン・ハナ(24/大学院生、ガーデナー)役/ユナ

木も愛情をかけてやれば立派に育つ。
私の心の中に、木がこんなに大きく育つとは思ってもみなかった。今となっては木があまりに大きくなりすぎて息ができない。ユニと、ユニがアメリカで会った留学生のチョン・シホンの娘。快活でふわりとしていておしゃべり。日本の農学科でガーデニングを専攻した。植物と心が通じると信じるハナは病気になった植物に言葉をかけたり、歌を歌ってやったりもして、みんなをびっくりさせる。だが、ハナを知れば知るほど彼女の健康美にすっかり魅了されてしまう。天真爛漫な彼女の微笑みは、周囲の人たちに幸せウィルスをまき散らす。都会に現れたアルプスの少女ハイジのような存在として、ジュンやソンホたち、ホワイトガーデンの仲間に新鮮な息吹をもたらす。いつも初恋の人を忘れられずに生きる母ユニのため、初恋の人探しを決意する。母親の初恋の人に会うために、テソンと北海道まで行くことになるが、そこで傲慢不遜なソ・ジュンに出会う。ハナの顔や服を見て野暮ったいと毒舌を浴びせかけ、難癖をつける。産声をあげた時から毒舌だったようなソ・ジュン。彼を知ってからハナの静かだった日常が騒々しくなる。24歳、ハナの初恋が始まろうとしている。
 
ユナ(少女時代) 公式コメント
『北海道での撮影、すごく楽しかったです。景色も雪も本当にきれいでした。お寿司もラーメンも、そしてラベンダーのお茶も美味しかったです。今回、約2年ぶりのドラマ出演だったので、かなりプレッシャーもありましたが、そのプレッシャーを武器に逆に頑張ることができました。1人2役の挑戦は難しい部分もありますが、最高のスタッフ&キャストに囲まれ、撮影をとても楽しんでいます。』

2012 イ・ソンホ(29/医者)役/キム・シフ

惜しみなく与える木(日本での書籍名は『大きな木』)がこんなに苦しいと知っていたら、始めはしなかっただろう。ドンウクの息子でソ・ジュンの幼友達。くせ毛に丸い眼鏡、ポケットにはいつもキャンディやクッキーを入れている、おっとりしたかわいい感じを漂わす。ジュンとは違って温厚な性格で、ジュンに傷つけられた人を慰めてやるのが彼の役目だ。1年前、彼が憧れていたカフェスタイルの病院を開院した。誰でも気軽に来院して、自分の話ができる町の医院。ある人はコーヒーを飲みに、またある人は病気を診てもらいに、彼の病院を訪ねる。単に病気を治療するのではなく、人の心を思いやれる医者になりたかった。診療時間外での主な日課は眠る事。目覚めればプラモデルの組み立てに熱中する。こんな彼を医者と考える人は誰もいない。思わず面倒見てやりたくなるペットのような存在。ある日、ホワイトガーデンに飛び込んできたチョン・ハナという女性と知り合う。一緒に病院の庭を手入れしながら、急速に親しくなる。ハナといれば楽しい。彼女をもっと笑わせたくなる。
画像:70’s イ・ドンウク(23/韓国大学医学科)役/キム・シフ

70’s イ・ドンウク(23/韓国大学医学科)役/キム・シフ

少なくても1000人を超える女とつき合ったが、愛を感じたのはたった1人だった。ドンウクがよく口にするプレスリーの言葉だ。たった一度の恋のためではない、1000人以上の女性とつき合うための文句だ。1000人以上の女性とつき合えば、3000人の宮廷女官を侍らせた義慈王を語ると豪語するドンウクだが、そんな彼を女性たちは憎めない。音楽喫茶「セラヴィ」の人気DJ。洗練されたスタイルに、ウィットのある話術でセラヴィ・トリオのカサノヴァだ。1000人以上の女性とつき合おうとしたドンウクが、愛という感情を持たせてくれた、母に似たユニに出会う。

70’s ペク・ヘジョン(21/韓国大学家政学科)役/ソン・ウンソ

有名な画家のなかに、自分の妻だけを描く画家がいたという。イナに絶対自分を描かせてみせる。裕福な家庭の一人娘で自己中心的ではあるが、単刀直入ではきはきしたところが魅力的だ。当時、有名な女優だったナタリー・ウッド似の彼女は、ショートヘアに白いヘアバンド、ウエストのくびれを強調したワンピーススタイルで、多くの男子学生の心を鷲づかみにする韓国大学の華だ。セラヴィの常連でドンウクの知り合いでもあり、イナやチャンモとも親しくできるので、全女学生から羨ましがられている。イナを自分のものにしたかった。

ユン・ソクホ監督 キャスティングの理由

画像:ユン・ソクホ監督 キャスティングの理由 『チャン・グンソクさんは、「イケメンですね!」での印象からカリスマ/悪い男のイメージが強いが、彼なら1人2役をきちんと演じてくれると信じていた。撮影を開始して最初に感じたのは、彼は想像以上にカリスマ性があり、そして期待以上にソフトな面も合わせもっていて、演技の幅もとても広い俳優だということ。さらに彼は我々が何を求めているか、すぐにキャッチして、それに対応してくれるので非常に有難い存在です。一方ユナさんですが、70年代的な可憐でシャイでクラシカルな雰囲気を持っている女優を探していたところ、ユナさんがイメージにピッタリだった。そして彼女は、可憐でシャイな雰囲気を持っているだけでなく、現代的なサバサバした部分も併せ持っている。若い俳優たちの素晴らしい演技に期待してください。』
◆プロフィール紹介
  • 画像:ラブレイン #1
  • 画像:ラブレイン #2
  • 画像:ラブレイン #3
  • 画像:ラブレイン #4
  • 画像:ラブレイン #5
  • 画像:ラブレイン #6
  • 画像:ラブレイン #7
  • 画像:ラブレイン #8
  • 画像:ラブレイン #9
  • 画像:ラブレイン #10
  • 画像:ラブレイン #11
  • 画像:ラブレイン #12
  • 画像:ラブレイン #13
  • 画像:ラブレイン #14
  • 画像:ラブレイン #15
  • 画像:ラブレイン #16
  • 画像:ラブレイン #17
  • 画像:ラブレイン #18
  • 画像:ラブレイン #19
  • 画像:ラブレイン #20
  • 画像:ラブレイン #21
  • 画像:ラブレイン #22
  • 画像:ラブレイン #23
  • 画像:ラブレイン #24
  • 画像:ラブレイン #25
  • 画像:ラブレイン #26
  • 画像:ラブレイン #27
  • 画像:ラブレイン #28
  • 画像:ラブレイン #29
  • 画像:ラブレイン #30
  • 画像:ラブレイン #31
  • 画像:ラブレイン #32
  • 画像:ラブレイン #33
  • 画像:ラブレイン #34
  • 画像:ラブレイン #35
  • 画像:ラブレイン #36
  • 画像:ラブレイン #37
  • 画像:ラブレイン #38
  • 画像:ラブレイン #39
  • 画像:ラブレイン #40
  • 画像:ラブレイン #41
  • 画像:ラブレイン #42
  • 画像:ラブレイン #43
  • 画像:ラブレイン #44
  • 画像:ラブレイン #45
  • 画像:ラブレイン #46
  • 画像:ラブレイン #47
  • 画像:ラブレイン #48
  • 画像:ラブレイン #49
  • 画像:ラブレイン #50
  • 画像:ラブレイン #51
  • 画像:ラブレイン #52
  • 画像:ラブレイン #53
  • 画像:ラブレイン #54
  • 画像:ラブレイン #55
  • 画像:ラブレイン #56
  • 画像:ラブレイン #57
  • 画像:ラブレイン #58
  • 画像:ラブレイン #59
  • 画像:ラブレイン #60
  • 画像:ラブレイン #61
  • 画像:ラブレイン #62
  • 画像:ラブレイン #63
  • 画像:ラブレイン #64

韓国エンターテインメント総合チャンネル『KNTV』で放送!
http://www.kntv.co.jp/

関連記事

恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~

チ・ヒョヌ&少女時代ソヒョン主演!愉快、爽快、痛快なストー…

被告人(原題)

チソンVSオム・ギジュン主演で贈る極上サスペンス大作!

THE K2(原題)

チ・チャンウク主演!ロイヤルファミリーをめぐる隠密で強烈な…

我が家に住む男(原題)

スエ×キム・ヨングァン×イ・スヒョク 珠玉のラブコメディ!

2017/10/26 チャン・グンソク来日!4thアルバム「Voyage」を引っさげた全国ホールツアー開催!
2017/09/08 チャン・グンソク『JANG KEUN SUK THE CRISHOW Ⅳ-Voyage-』5都市ツアー開催
2017/07/28 チャン・グンソク画伯、NHK「バナナ♪ゼロミュージック」お絵かきクイズに登場!
2017/06/07 チャン・グンソク&John-Hoonインタビュー!2PM、B1A4他『クレアスタ』VOL.31
2017/05/15 チャン・グンソク ソロLIVE開催!「THE CRISHOW」の番外編を7月大阪&横浜で