韓国の通貨と両替

韓国の通貨の種類と、両替やATMの利用方法をご紹介します。

通貨

韓国の通貨単位はウォン(W)です。紙幣は5万W、1万W、5000W、1000Wの4種類。硬貨は500W、100W、50W、10W、5W、1Wの6種類がありますが、5Wと1Wはほとんど流通していません。

現在の通貨レートは、為替レート計算ページをご覧ください。

両替

両替は、空港、銀行、両替所、ホテルなどで可能です。一般的に両替レートがいいのは街の両替所で、次いで銀行と空港、ホテルの順となります。到着時に当面必要な現金の両替を空港内の両替所で行ない、足りなくなったら街の両替所や銀行などを利用しましょう。レートは銀行によって若干異なりますが、ソウル市内であればほとんどの銀行で両替ができます(営業時間:平日9時30分~16時30分)。

両替にはパスポートの提示や用紙への記入が必要な場合があります。また、両替の際に渡される「外貨交換証明書」は、日本円へ再両替する際に必要な場合があるので、保管しておきましょう。

ATM

事前に金融機関で国際キャッシュカードを発行してもらえば、韓国内の「PLUS」もしくは「Cirrus」マークがあるATMで、お金を引き出すことができます。レートや手数料などは金融機関によって異なります。また、海外発行のカードを利用できる“HanNet ATM”で、ウォンのキャッシングをすることも可能です。