韓国の気候と服装

海外旅行をする際、特に気になる現地の気候。用意する服の種類など、旅支度の参考にしてください。

気候

北半球の中緯度に位置している韓国は、日本と同じように四季がはっきりとした冷温帯気候です。基本的に夏は高温多雨、逆に、冬は寒く降水量は多くありません。日本と同じように国土が縦長なので、北と南では気温の差が大きいのが特徴です。
たとえば、北部に位置するソウルは大陸性気候の影響が強く、寒暖の差が大きいですが、南部の釜山(プサン)、済州島(チェジュド)などは、温暖な気候です。

季節・服装

【春】

徐々に暖かさが増し、ソウルでは4月上旬頃から桜が咲き始めます。黄砂やフェーン現象がみられるのも、この季節です。
3月上旬までは、セーターとコートやダウンジャケットの重ね着が必要。4月の朝夕は冷えることもあるので、薄手の上着を持参しましょう。

【夏】

6月から9月初旬までは高温が続き、にわか雨も多くなります。6月下旬から7月にかけては日本と同じく梅雨の季節なので、傘が必需品です。夏は日本と比べて湿気が低いものの、暑い日が続きます。
基本的に半袖シャツ1枚で過ごせますが、冷房が強く効いている建物もあるので、薄手の羽織る物があると便利です。

【秋】

9月から11月は昼夜の気温差が激しく、長雨や台風の影響を受けやすい季節です。ソウルでは10月中旬頃に紅葉が始まります。
9月から10月にかけて夜はかなり冷え込むことがあるので、少し厚めの服を持参しましょう。11月は、コートが必要です。

【冬】

シベリアからの寒波のため、12月から3月中旬までは厳しい寒さが続きます。特にソウルの1月は氷点下以下になる日も多く、しっかりとした防寒対策が必要です。
厚手のセーターとコートやダウンジャケットに、マフラーや手袋、帽子もあると安心。使い捨てカイロもおすすめです。

平均気温と降水量

出典:韓国気象庁、日本気象庁

2018年 月別平均気温

単位:℃
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ソウル-4-1.68.11318.223.127.828.821.513.17.8-0.6
釜山1.93.91014.517.821.526.727.921.916.412.45.7
済州4.95.511.415.919.122.327.328.823.917.913.98.7
東京4.75.411.51719.822.428.328.122.919.1148.3
大阪55.311.516.920.123.429.529.724.119.714.69.4
福岡5.76.211.917.120.823.728.73024.819.114.310.2

2018年 月別降水量

(単位:mm)
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ソウル93050130222172186203691217916
釜山415320615615627712217030812410759
済州588711811399211493771883472996
東京492022010916615610787365626344
大阪522913714023119233242372243172
福岡90571486113426746752177604067