韓国の気候と服装

海外旅行をする際、特に気になる現地の気候。用意する服の種類など、旅支度の参考にしてください。

気候

北半球の中緯度に位置している韓国は、日本と同じように四季がはっきりとした冷温帯気候です。基本的に夏は高温多雨、逆に、冬は寒く降水量は多くありません。日本と同じように国土が縦長なので、北と南では気温の差が大きいのが特徴です。
たとえば、北部に位置するソウルは大陸性気候の影響が強く、寒暖の差が大きいですが、南部の釜山(プサン)、済州島(チェジュド)などは、温暖な気候です。

現在の天気や気温は、韓国の天気予報ページで確認できます。

季節・服装

【春】

徐々に暖かさが増し、ソウルでは4月上旬頃から桜が咲き始めます。黄砂やフェーン現象がみられるのも、この季節です。
3月上旬までは、セーターとコートやダウンジャケットの重ね着が必要。4月の朝夕は冷えることもあるので、薄手の上着を持参しましょう。

【夏】

6月から9月初旬までは高温が続き、にわか雨も多くなります。6月下旬から7月にかけては日本と同じく梅雨の季節なので、傘が必需品です。夏は日本と比べて湿気が低いものの、暑い日が続きます。
基本的に半袖シャツ1枚で過ごせますが、冷房が強く効いている建物もあるので、薄手の羽織る物があると便利です。

【秋】

9月から11月は昼夜の気温差が激しく、長雨や台風の影響を受けやすい季節です。ソウルでは10月中旬頃に紅葉が始まります。
9月から10月にかけて夜はかなり冷え込むことがあるので、少し厚めの服を持参しましょう。11月は、コートが必要です。

【冬】

シベリアからの寒波のため、12月から3月中旬までは厳しい寒さが続きます。特にソウルの1月は氷点下以下になる日も多く、しっかりとした防寒対策が必要です。
厚手のセーターとコートやダウンジャケットに、マフラーや手袋、帽子もあると安心。使い捨てカイロもおすすめです。

平均気温と降水量

出典:韓国気象庁、日本気象庁

2010年 月別平均気温

単位:℃
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ソウル-4.51.44.39.517.223.425.826.521.814.56.5-1.3
釜山3.05.87.811.517.222.025.227.924.118.211.35.2
済州5.37.39.311.817.321.225.928.824.217.611.77.1
東京7.0 6.5 9.1 12.4 19.0 23.6 28.0 29.6 25.1 18.9 13.5 9.9
大阪6.1 7.8 9.6 13.6 18.8 23.9 27.9 30.5 26.7 19.9 13.2 9.0
福岡6.6 9.4 10.9 13.8 19.2 23.5 27.7 30.3 26.3 20.0 13.2 8.8

2010年 月別降水量

(単位:mm)
 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
ソウル29.355.382.562.8124.0127.6239.2598.7671.525.610.916.1
釜山37.691.1132.9146.3186.894.4291.9165.3182.572.62.038.5
済州34.681.7161.3210.533.6188.0263.9227.6179.1120.31.882.5
東京9.0 115.0 143.5 214.0 114.0 108.0 70.0 27.0 428.0 211.0 94.5 145.5
大阪46.0 132.0 153.5 143.0 162.0 222.5 221.5 37.5 161.0 172.0 32.5 84.5
福岡50.5 70.0 155.0 199.5 105.0 203.0 453.5 69.5 138.5 78.5 58.0 148.0